FSRに乗って… HOME > 月別アーカイブ [ 2007年01月 ]









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近のポタ事情 

実は夜ポタに飽きてきてます…
出掛けるのが億劫になるとこまで行ってませんが、走り始めてしばらくすると退屈感が脳裏をよぎることが多々(笑)相変わらず通学生の自転車マナーの悪さにキレそうになることもしばしあるので飽きるというよりも嫌気に近いものもあるかな(^-^;

そこで最近は自転車以外のブログネタになりそうなモノを高知ブログアンテナなどを使って情報収集をしてからポタで下見をしたりしています。
昨夜はエビカツバーガーが美味しいと評判のつじベーカリーを見に行ってきました。母校のすぐそばだという記憶だけをもとに向かったんですが発見には至りませんでした。必死に探した区画は店舗のあるとこから微妙に離れていたようです(^-^; 下見の下見をしたって感じですな(笑)

あとポタに便利な情報源としてこんなモノもあります。
地図ソフトで有名なゼンリンが運営しているいつもガイドのコンテンツ内にある高知の公園・緑地情報
高知市内に限らず全国の公園などが地図付きで案内されています。

この時期の夜ポタはそれほど汗は掻かないので事前に飲み物を携行することはほとんどありませんが、ちょっと喉を潤したいと思ったときには公園の水飲み場は貴重なオアシスになります。普段通っている道からさほど距離は離れていなくても気付かない公園がたくさんあったります。

素直に自販機で買えば良いのかもしれませんが、月に20日夜ポタをしたとすると20日×120円2400円にもなります。150円のペットボトルになると3000円…結構なお値段になっちゃうんですねぇ(^-^; 年間で考えるとそら恐ろしいヘ(゜ο°;)ノ 自転車の小物パーツやリッチな夕食代にでも化かした方がマシです。

スポンサーサイト




私だ by私だ
いつも同じ道を通るとマンネリになるので、同じようなコースでも1本か2本道をずらしてみたりすると、いつもと違って楽しいですよ。
もしくは、風の向くまま、気の向くまま、適当に行きたい方向にどんどん走っていくのも、楽しいです。
あとは、やっぱりおいしいもんを食べに行くために走るのもええですね。
高知大学の辺りにも、おいしいお店がいくつかありますよ。
個人的には、夕方の住宅街を走るのが好きですね。
いろんな食べ物のにおいが漂ってきて、「ここは今日は魚の煮付けかなぁ・・・」とか思いながら走るのが楽しいです。

byracchi
たしかに道を1本ずらして走るのもイイですね(^-^)
最近はネタ探しも兼ねてそんな感じで走ることが多いです。
ポタというより徘徊に近いかも(笑)

大学周辺は飲食店が数多くあります。
気になる店もちらほらと目にするんですが、客層が明らかに若いのでおじさんは躊躇しちゃうんですよねぇ(^-^;

早朝練習 


今朝は珍しく早起きしたので、早朝練習に行ってきました。

普段、仕事の移動も自転車。時間があれば夕食後に夜ポタ。
近頃は寒さに負けて夜ポタの距離は40キロ前後にとどまっているものの、最近山やら平地やら乗りすぎなのか脚の疲労が溜まり気味です。それでも何かに取り憑かれたように自転車に乗る…。現実逃避か?(笑)




座学の時間 

先日の里山トレイルでは、乗車ポジションや下りでの関節の曲げ具合・視線の方向などを確認するためにいろんな位置からデジカメ動画を撮影しました。今日はそれを何度も見ながら研究です。

下手な人の動画だけではプラス材料が無いのでお手本教材として定番?のFUNDAMENTALSを見ながら基本フォームの比較なんかやってみました。レベルが高すぎて教材にはなってないと言うのがホントのところなんですが、それでも盗めるところは盗むのです(笑)

以前に比べると明らかに肘と膝がしっかり曲がっているので、荒れた路面でも上体がブレなくなってるようです。昔は体が硬直して頭とかグラグラでしたからねぇ。少しは上達したのかな(^-^;

でもよく考えたら同じコースを何度も走れば路面状況もなんとなく頭に入ってるし、早くなって上手くなるのは当然といえば当然(^-^; 仲間のみんなは軽く下見した程度のトレイルでも瞬時にライン取りを判断してスイスイ下って行ってしまうので、やはり僕の場合は基本的な動力性能・判断力が欠如していると思われ…(笑)

さて仕事もやらなきゃ…φ(`д´)




昼間はポカポカ 

今日は仕事のデータ納入で高知市内に向かいました。
データはメールに添付して送れば済む話なんですが、少しでも顔を覚えてもらっておいしい仕事を廻してもらおうという狙いで出向くわけです。まだ効果は出てませんけど(^-^;


いつも夜ポタで通る鏡川沿いの堤防下。昼間に通るのは久しぶりです。
川沿いは風が少し強いものの日差しも強くて適度な暖かさでした。


群れる鳥たちもポカポカ陽気でなんだか元気そうに見えます。





by私だ
また、懐かしい景色の場所が・・・
あぁ・・・近くに山がいっぱいあったのに、MTBに乗らんて、かなり損しとったんやなぁ・・・
と後悔しています。

byracchi
そういえば大学もすぐ麓にありますね(^-^)
最近は鉄塔を見るとついつい電線の経路を辿って山肌をチェックしてしまうクセが付いてます。

地図とにらめっこすると、案外近場で良いところがあるかもしれませんよ(^-^) 都会ならGoogleEarthも高解像度で表示されるでしょうから道も見つけやすいでしょうし♪

練習コース地図作成中 

これまでの2回のトレイル探索で大体のルート調査は完了。
麓のお墓エリアは避けつつなんとかグルッと回れるコースは無いか頭を悩ませているんですが、頂上周辺で繋がっていない道が点在しているので、その間を押し上げしてでも移動できるようにちょっとだけ整備ようかと思っています。

前に書いた時は全長3キロと言ってたけど、細かく測定しなおすと頂上付近の整備が済んだとしても周回コースの総延長は1.5キロあるかないか(^-^; 登りと下りは半々くらいで倒木も撤去すれば押し上げ区間(30mくらい)以外は全て乗ったまま走れる感じです。距離が短いのが悲しいけど、見方を変えれば疲労も最小限で済むし、いろんな地形条件が含まれているのがここの魅力です(^-^)



カシミール3Dで表示させた国土地理院の閲覧地図(通称ウォッちず)上にこれまでのGPSログを参考に青線でコースを描いてみました。場所が特定されてはマズイので思いっきりボカしてご紹介♪

そうそう、昨日は現地に忘れ物をしてきてしまいました。
左側のグリップエンドキャップを落っことしたみたいなんです。こうやって写真で確認するまで全然気が付きませんでした(^-^; 知らない間にネジが緩んでたのかなぁ…。





頑張ってますねぇ by私だ
山を走りまくってますねぇ。
私はこの冬はもっと山を走る予定やったのに、あんまり走れていません。
負けずに頑張らねば!

byracchi
仲間と走るときはいつも自分のショボさにうんざりするので、少しでも経験値を積もうという狙いです(^-^;
実際に山に行くときはもっとハードなコースが多いのであまり役に立たないかもしれませんが…(笑)

練習と探索 

昼前にはすっかり気温も上がったので秘密のトレイル(実はただの里山?)に行ってきました。
今回は練習がメインなのでメットにプロテクターも携行です。


今回は最低限の修理工具と救急用具しかバックパックには入ってませんので軽い軽い♪
ホイールセットもトレイル用のやつに換えてあるので今日はしっかり練習します。

下りばっかりじゃ体が冷えるので時々登りも組み入れながらひたすら走ります。
何度も同じところを走るとコースも概ね頭に入り、速度を上げても恐怖心を感じなくなります。そうやって気の緩んだ瞬間が危ないので登りを混ぜる…みたいな感じです。今日はデジカメの動画機能も使ってフォームや前後サスの動き具合とかもチェックしました(ソロ練習なので置き撮り)。

約3時間走ってから目的を探索に変更、前回未チェックの道をくまなく調べます。
適度にテクニカルな道を見つけて辿っていったんですが、前回引き替えしたゴルフ場の貯水池の下で道が終わってました。ゴルフ場が無かったころはずっと道が繋がっていたんだろうなぁ…(^-^;
他にも何ヶ所か調べたんですが、どれも途中で終了もしくはお墓エリアに進入とあまり成果はありませんでした。
お墓の前を走るのは道徳的にマズいのでそれらを除くと走れる道はかなり限られてしまい、当初考えていた周回コースを頭に描くのはかなり難しくなってきました。周回ではなく折り返しという形式を取ればそれなりに楽しめるので良しとしましょう。

ゴルフ場下で行き止まりだった道でのワンシーン。
今日は晴れていてちゃんとタイヤがグリップしてくれたけど、ウェットコンディションな場合根っこで滑ってしまうと右の谷に落ちそうです(^-^;

帰ってから動画を編集してみたんですが、なかなか難しい(^-^;
ソフトの操作方法はわかりやすくていいんだけど、編集そのものは作る人のセンスも大事。
途中でエフェクト入れたりBGMや効果音と思ってたより大変です。OGA1000さんとかは作品のセンスがとても良いのであらためて感心しちゃいました。

結局途中で作品として仕上げるのはあきらめました(笑)
自分のフォームをチェックするだけにすぎないし派手なアクション一切無しの地味な映像の連続だしね(^-^;




寒っ(´Д`) 

今朝はまた一段と冷え込みましたね。
今日は特に予定がないので自分の時間をたっぷりと使えるぞ!な1日なんですが、こんだけ寒いとコタツから出る気になれません。このままゴロゴロ過ごすのもある意味贅沢なんでしょうけど(^-^;

昼頃に気温が上がれば先日見つけた秘密の練習場所に行こうとは思っているので、ササッと昨日の洗車の続き(細かい部分の泥落としや注油)だけはやりました。

一昨日の夜ポタで思ったんですが、ちょっとサドルが前過ぎたらしくデカイ尻が落っこち気味だったので前上がりな角度はそのまま2ミリだけ後退させました。ついでに微妙に長めだったリアブレーキのホースもカット・エア抜きも行いました。ハンドル周辺での無駄なダブつきとリアサスが沈んだときの横方向へのふくらみで足に接触していたのがずっと気にはなっていたんですが、そのうちそのうちと放置してたんです。作業を終えたころにはすっかり体が冷えきってます(^-^;

チェーンステイの下に変速ケーブルのガイドがあるんですが、その部分のケーブルキャップ?も亀裂が入り砕けた木の枝が刺さったようになってました。今のところ変速不良は出てませんがこれも早めに交換しなきゃいけません。あちこち塗装の剥がれも目立ってきました。これまた色の合うタッチアップペイントを揃えなければなりません。いろいろと手は掛かりますがさらに愛着は増してます。




雨に降られる 

今日は朝から出先で仕事。
午後からは間違いなく雨が降るんだろうなぁ…と思いつつも愛輪で出動しました。
エリアによっては公共機関の本数もまばらなので待ってる間に体を冷やして風邪を引くのもバカらしい。
どうせなら自転車に乗って風邪引いた方がイイじゃないかというおバカ丸出しな理由です(^-^;

仕事は順調に進み、移動途中でお昼を食べました。
国道にほど近い公園で食べていたんですが、歩いてきたお遍路さんも隣のベンチに座ってランチタイム。人見知りする性格な私ですが、なぜかそのお遍路さんとは気軽にお話が出来ました。リストラされてしばらくは苦労されたようですが家のローンも終わって無事に定年を迎えて遍路をはじめたんだそうです。また挑戦することがあればその時は自転車もイイなぁと仰ってました。

全ての仕事を終えて、帰りは予想通り雨に濡れながらペダルを漕ぐことになりました。
本降りなら背負ってるパソコンも心配なので車載OKのタクシーを呼ぶようにしているんですが、今回はそれほど雨足も強くなかったので自走です。レインウェアも揃えてないので梅雨時までには準備しなきゃと思ってます。

今日もしっかり汚れてしまったので帰ってから軽く水洗いしておきました。
年明けてから洗車の回数がえらく増えたなぁ…。

走行距離:64.8km
移動時間:3時間07分




いったい何事? 

昨日から当ブログへのアクセスが急上昇しております。
1日で訪問数が200オーバーってちょっと異常です(^-^;

どっかでURLが晒し上げに?…とか考えましたが冷静にアクセス解析してみたところ、一番アクセスが多い記事はフロントフォークの絞り込みの時に書いたこれでした。

検索エンジンで飛んできたときのサーチワードの上位は
『マムアンドポップス 大島 FOX』 『FOX 100X』 『SL-M970』でした。

見に来た人も最新のフロントフォークに関心があるということです。安い買い物じゃないので事前のチェックは大事ですしね(^-^)僕もサンタさんにおねだりするまでにそりゃあ悩みました。しかしこれだけアクセスがあってコメントは常連さんだけというのはちょっと寂しい気もします…。そういう私もコメント書くところはほぼ決まってますけど(^-^;

今日もしっかり夜ポタしてきましたが、膝は順調に回復に向かっているようです。
今までよりサドルを前寄りにしたことで膝への負担も減り、足も見違えるほどよく回ります。
おまけに疲労度も少なくなったようでかなりご機嫌です(^-^)

ただ最近は10時頃からぐんぐん気温が下がってくるので、それまでに帰宅できるように距離は40キロ程度を目安に走るようになりました。

本日の走行距離:42.2km
移動所要時間:ジャスト2時間

早く帰ると日付が変わるまでの時間も他のことに使えるし、暖かくなるまではこの距離で頑張ります♪




魅惑の里山トレイル発見♪ 

今日の仕事は午前中のみ。
午後からは前から気になっていたトレイル探索に行ってきました。自宅からは約6キロと自走して現地に向かいながらウォーミングアップも出来るという最適なアクセス。

登りは適度な勾配で根っこや岩・落ち葉でふわふわなところもあってクロカンの登りの練習にも良い感じです。闇雲に登るとスリップしたりしますが、後輪のトラクションを意識して登るとスイスイ上がれます。なだらかな山なので、視界も開けてビギナーの入門コースとして考えてもキツすぎず楽すぎずでよろしいんじゃないかと(^-^)


麓から30分ほど登ったところで、私道らしきコンクリの道に合流します。
omaniの地図で確認すると本来通りたかった道よりちょっと西寄りに進んだようです(^-^;
分岐が多かったので見逃してしまったかな(笑)





うらやましい・・・ by私だ
ええとこですねぇ。
大阪の方は人が多いので、こんなええとこが街の近くにあったら、休みの日はハイカーでいっぱいになりそうです。
サドルは難しいですよねぇ。
結局は自分が一番楽に乗れるのが一番ええと思います。

byracchi
確かに都会は山のギリギリまで住宅があったり、山道かと思いきや簡易舗装されてる…
なんてこともあるでしょうから、近場で走れる場所を探すのは難しいかもしれませんねぇ。

サドル位置はしばらくはこれで行ってみようと思います。
荷重位置がかなり変わったので普通に走っているとリアのブレーキの掛かり具合が変わりました。重量配分の違いって自転車でもしっかり体感出来るんですねぇ(^-^)

byPG
いいかんじ、こんどいっしょに連れていってネ。

byracchi
ベテランのPGさんにはユルすぎてつまらんと思いますよ(^-^;
でもいろんなセクションがあるので機材のセッティングとかするのには良い環境かもしれません。

レクリエーション?スポーツ? 

昨日もなんだかんだで走ってしまい膝の具合が心配でしたが、サポーターと湿布が効いたのか昨日の朝よりはかなりマシな感じです。油断は禁物ですがちゃんとケアを続けていけば日々のポタ程度なら大丈夫そうです。
走れないのもガックリですが、走れるなら走れるでいろいろ悩みが出てきます。

僕は自転車に乗るのが大好きですが、闘争心とか攻撃性が無いに等しい性格からでしょうか、長いことスポーツというよりはレクリエーション的な意味合いで乗っていました。平地を淡々と…とか林道程度のダートをのんびりと…とかね。一概に言えないけどペダルを漕げさえすれば特に高等なテクニックは必要としないゆるーい乗り方

1年ほど前から地元のみんなと一緒に山に入るようになった訳ですが、シングルトラックや激下り・ガレ場など漕ぎ以外に度胸やテクニックが必要とされるスポーツ的な走り方が要求されるようになりました。
登りはなんとかなりますが、基本的に運動オンチな僕には、荒れた路面でバランスを取るとか関節を柔軟にして衝撃を吸収するとかいう動作が頭では分かっていてもなかなかうまく行きません(´ヘ`;)
慣れれば大丈夫とフォローしてくれる仲間の声もありますが、運動オンチが闇雲に数をこなしても大きな成長は遂げないんじゃない?みたいな思いもあります。

最初のうちはまわりの人が経験豊富で僕とはレベルが違って当たり前なんだと思ってましたが、いつまでたってもその差が縮まるどころかさらに開く感じで、自分自身の運動性能の低さを感じずにはいられない日々です。
なんつーか低レベルなりのスランプに陥っています(ーー;)
それでも希に上手く走れるというか思い通りに下れる時があったりするので、熱くなる夏までにどれだけ進歩できるか自分なりに楽しみだったりはします。こういう思考があるのでまだ救われているかな(笑)

機材にもそれなりに投資をし、プロテクターも揃えたこれからが進歩するチャンスなのは間違い無いはず。
自分を責めてないで、走りを攻めたいと思う今日この頃です(笑)





bymino-r
気にし過ぎやないかえ(^^;
山サイにおいて速く走る必要はないと思うよ。
いかに自分が楽しむかだと思うよ。怪我したら全て台無しだからね。仲間には「下り専門」の人も居るけどアレは別格と思ったほうがいいよ(^^;僕は下り部隊を追いかけて走る事が多いけど結構怖いで・・・。
あと、経験もあると思うよ。みんな、何年も山を走っているからね。
racchiさんが下りを克服しようとしているのはレース参戦を視野に入れているのかな?
レースでは下りもあるけど要はトータルでどうか?と言う事だからね。
下りだけ速くてもいい成績が出せるともいえませんから。
まあ、気長に行きましょう。また、走るで!

byracchi
ちょっと大袈裟に書きすぎたかな(^-^;
心配かけてすみません。

特別早く走りたいとかいうのは無いんです。
レース参戦を全く考えていないと言えばウソになるけど。

荒れたセクションなんかで下手にブレーキ掛けるより勢いでガガッと行った方が安全…とか言うじゃない?
恐怖心が先に出てそれが出来ない自分がはがゆいのよ(^-^;

bymino-r
荒れてない所を狙って走るのが安全やと思うで(^^;

byracchi
下手だと狙ったラインを走れないんですわ(^-^;
近くばかり見ないで視界を遠くに持って行ったりしてるけど、
ちょっとした横方向のブレを体で抑えきれなかったりして、
どんどんラインを外れて…みたいな(´ヘ`;)

膝の様子を見つつ… 

膝がヤバイヤバイと言っても仕事先までの移動手段は基本的に自転車のみ。
泣き言ばかりも言ってられませんので、膝を気にしつつ出先の仕事に向かいました。
案外漕いでみたら元気になったりして…なんて思ったりもしましたが、そう都合良く事は進みません(^-^;
漕ぐたびにズキズキと膝に痛みが走ります。

温まったら少しはマシかな…なんて思って軽めのペダリングで体が温まるのを待ちます。
うーん、全然変わらん。昨日の今日ですぐに具合良くなる訳はないか(´ヘ`;)

膝も痛むし仕事を終えてからまっすぐ帰宅しようかと思いましたが、自転車バカはそのまま昼ポタに出掛けることに…懲りないやつです。いつもなら膝の古傷再発を言い訳に『逃げモード』に入るんですが、シーズンを棒に振る(暑がりの僕は10月~4月ぐらいがベストシーズン)のは勿体ないですからねぇ(笑)

本日のコース
※今回はwindyさん作の『轍』の新しい機能、終始点ステルス(勝手に命名してます)を使ってみました。





bywindy
うぉっ、すごいネーミングだ。(笑)

byracchi
勝手に名前付けて済みません(^-^;
隠すイコール"ステルス"って思ったもんで(笑)

なつかしい・・・ by私だ
時々出てくる地名が懐かしいです。
私も高知にいた頃いろいろ走り回ったので。
ピザ屋のバイトをしていたので、それで走り回ったのがほとんどですけど、いろんな店舗で働いたので、高知市内の道は路地までほとんど覚えました。

byracchi
ピザのデリバリーしてたなら、間違いなく僕よりも道知ってると思いますよ(^-^)
昼間に走る時は時間があれば、ゆったり休憩出来るような穴場な公園探しを出来ればなぁと思っています。

昨日のおさらい 

昨夜は記事を投稿してから爆睡でした(^-^;
一夜明けても尻や太もも・腕の筋肉痛が治ってません。思った以上にハードだったようです。
尻や太ももは良くあることですが、腕が筋肉痛なのは下りでまだまだリラックス出来てない証拠かと思われ。昨日のコースは下りの乗車率はかなり高かったけど、直滑降みたいな急斜面をブレーキ握りっぱなしで走ったからかなぁ。

昨日思った以上に頑張って下れたのはプロテクターの恩恵に加えもうひとつ要素がありました。それはいつもならショルダーベルトにぶら下げているiPAQ+GPSユニットとウェストポーチに入れているデジカメをバックパックの中にしっかり収めたということ。プロテクターで自分のケガを防ぎ、ハイテク機器等も収納して転倒時の破損や故障を心配することなく集中して走れたんです。完全にバックパックにしまい込むことで、即座に写真を撮ったり位置確認をすることは出来なくなりますが、今の僕にはそんなことより『しっかり下れるようになる』ことが優先なのでしばらくは我慢我慢です。
プロテクターはみんなが『それエエやつやねぇ』みたいなこと言ってくれました。安くて良い買い物が出来たらしいと言うことでちょっと満足(笑) 実際装着して使ってみましたが窮屈な感じもなく登り返しの区間でもペダリングの邪魔になってる感じは無かったです。派手な転倒は無かったのでこいつで命を救われたとまでは行きませんが、帰って見てみると膝を保護するシェル部分にヒットした後がありました。原因が木の枝なのかペダルなのか記憶にないけどしっかりガードしてくれたようです。

バックパックもかなり荷物が詰まっていた割りにはあまり重たさを感じず終始快適な背負い心地でしたが、期待してた背面の通気性は微妙です。僕が汗を掻きすぎなのが問題なんでしょうけど背中に当たるパッドは汗で濡れてるところがはっきり分かりました。でも安物と違ってパッドの厚みがしっかりあるので中の荷物が汗で濡れることはありませんでした(以前はこれがよくあった)。みんなが汗の多さに驚いてたなぁ(^-^; 背中に限らずインナーウェアとして着ていたユニクロ・ドライテックシャツは全体が汗でビショビショでした。僕の体質だと冬でも基本的には薄着にしておいて、なるだけ汗を掻かないように工夫した方が、着替えの荷物も減らせるなぁ…とか思います。

ハイドラパックはリザーバータンクのバルブ部分の出っ張りも実際は問題無かったです。でも肝心なバイトバルブ(飲み口部分)にちょっと難ありです。ハイドラパックのバイトバルブは流量調節のノズルを好みの位置にセットしておいて、吸い口を噛んで水分補給をするようになっていますが、一回一回調節ノズルをしっかり押し込んで"OFF"の状態にしておかないと吸い口から少しずつ水がこぼれてきます。これだといざ飲むときにノズルを伸ばしておいて吸い口を噛んで…とかなり手間が掛かります。こういう仕様なのかハズレなのか微妙です(ーー;) 慣れてきてその一連の動きがあっという間に出来るようになればなんてことないのかもしれないですが…。

XTRのシフトレバーとブレーキレバーも好調です。マルチリリース・ツーウェイリリースの機能にもすっかり慣れて不意に2段変速してしまったりすることもなく、変速操作も人差し指を使うことはほとんどなくなりました。ブレーキレバーも微妙なスピードコントロール性能が発揮されて山でもかなり助けられています。

FOXのフロントフォークもやっと自分がしっくり来る空気圧と調整ノブ(リバウンドとスレッシュホールド)の設定位置が出てきました。上手い人はそこまで細かい調整しなくてもテクニックでカバーできるようですが、ヘタレだからこそ使えるモノは使いますよ(笑)問題なのはこれらの上級パーツを組み込んだ車体のスピードに自分がまだまだ着いて行けてないということ(^-^;

あ、書き忘れてましたが昨日はタイヤも交換して走りました。
タイヤ自体は同じマキシスイグナイターなんですが、それまでの1.95インチから2.1インチ(日本では流通量が少ない貴重なサイズらしい)に変更したんです。野山を駆け回るフリーライド的な走り方では1.95インチではあまりにも心細いなぁと思っていた時にオークションで即決格安で出ていたやつを仕入れておいたんです。ガレ場とかもタイヤが細いとかなり不安だったし(^-^; 装着後、実際にノギスで幅を測ってみると違いは約2ミリ…あんまり変わらないのに重量はしっかり増えてます。でもノブの間隔と高さが微妙に大きくなっているようにも見えました。まぁそんな細かい違いがイイ方向に作用したのかどうかは分かりませんが、それまでの細いタイヤよりも挙動が掴みやすい感じがしました。グリップを失うギリギリの感じとか急コーナーでやむを得ずリアを流して旋回する時の接地感とか…。もしかしたらそこまで感じ取れるくらい心の余裕が出ていただけかもしれませんが(笑)どっちにしても結果オーライ

でもイイことばかりではありません。
年明け以降、押し上げコースが多かったので徐々に膝の古傷に痛みが出ていたんですが、昨日の急勾配の押し上げが響いたらしく痛みは全然引かないどころか通常歩行もちょっと片足引きずり気味(ーー;) とりあえず湿布を貼って様子を見たいと思います。今年は王滝SDA参加・完走を目標にしているので、なんとか回復してもらわねば…。

関連記事
写真を入れて装備の紹介
ニーシンガードとか…
機材に見合った装備を




プロテクターの効果有り? 

天気が微妙な中、総勢7名でトレイルライドに行ってきました。

今回、モリ・チャングさんの友人hisaさんもご一緒です。マラソンをやっていて去年から自転車も始められたとか。心肺機能が高いからだと思いますが、キツイ登りとかでも呼吸ひとつ乱れてない様子でした。ハードテールクロカンバイクを巧みに操りシート高めなままでグングン下っていきます。フルサスの僕より速くて上手です(^-^;

今回は2部構成。第1ルートの下りはガレ場も少なく、自分的には良い感じで走れました。下りの速いT中さんの後ろを走った時は、ライン取りや膝の曲げ具合とかを観察しながら必死に付いていきました。観察作戦(?)が上手くいったのかその時は自分でもびっくりするくらいの速度で下ってました。今まで味わったことのない爽快感でちょっと病み付きになりそうな感じです(笑) その後も『イケる!』と思ったところ(視界の開けた幅広な直線下り部分など)ではノンブレーキで下ったり、根っこ根っこなセクションも今までなら減速しすぎて車体が暴れて転倒することが多かったので諸先輩の発言を思い出して勢いで下ってみたりと自分の限界をちょっと超えた走りをしました。プロテクター装着による心のリミッター解除作戦は一応成功したようです。

第2ルートは元々は計画してなかったんですが、デポ地に戻った時間が早かったので急遽走ることになりました。予定していた第1ルートで体力・気力・集中力を全て出し切った感の僕はすでに放心状態一歩手前(^-^; 用心して走りましたが、集中力が切れた状態で走るとちょっとしたことでバランスを崩し狙ったラインを走れないし、オフキャンバーでもヘロヘロになった体ではうまく体勢を維持できずに数回転倒。おまけに度重なる押し上げで右膝に抱えた古傷がうずき出しました(´ヘ`;) あまりひどくならなきゃイイけど…。


第1ルートの登り区間からの展望。
ちょっと空が霞んでますが、高知市内と遠くにうっすら太平洋が見えます、

お約束の愛輪FSR。後ろに見えるのはT中さんの愛輪です。
機会があればまた後ろを走らせてください。

第1ルート:21km
第2ルート:6.4km

疲労でいつもに増して支離滅裂な文章になっているので今日はここまで。
明日はハイドラパックとバックパックの実際の使い勝手やその他諸々を書きます。





byhisa
こんばんは、今日はお疲れ様でした。
私、いちおう下りではシート下げてたのですがシートポスト長くてあれ以上下がりませんでした。(汗)少し切ろうと思います。
それから私、グングン下れてませんからっ!
来月のマラソンが終わったらみっちり練習しようと思います。また一緒に走りましょう。
それと今日の記事にトラバさせてもらいました。

byracchi
シートポストが長くて…そんな美味しいオチがあったとは(^-^;
僕から見れば十分にグングン下れてますよ♪
僕なんか下りは上体がふらついてバランスを崩すことが多々です。積極的に走ろうとすればするほど運動センスの無さに気付かされます(笑)

マラソン頑張って良い記録が出せることを願ってます。
こちらからもトラバさせていただきます♪
また一緒に走りましょう(^-^)

どないですか? by私だ
楽しんでこられたようですね。
新しく購入した諸々のパーツ等の調子はどうでしたか?

byracchi
パーツ諸々のネタも明日の記事で書こうと思います。
薄い内容かもしれませんが(^-^;

bymino-r
お疲れでした・・・ホントに疲れたよねぇ~・・・。
まあ、また行くで!

byracchi
第2ラウンドが予想外にこたえたねぇ(^-^;
全身ほどよく筋肉痛です。
また行きましょう♪

明日の準備 

明日は天気予報では降水確率30~40%となってますが、運が良ければなんとか曇り空で持ちこたえそうです。
おニュー(死語)のバックパックがいきなり泥まみれになるのを想像するとヘコみそうですが、そんなヘタレな事ばかり言ってるとますます走りがヘタレになってしまうので、仕事の合間にせっせと準備を進めていきます。

実際に持って行くものを詰めて形にしてみたのがこちら。
ハイドレーションパック1リットル弱・最低限の工具セット・携帯ポンプにエアサス用ポンプ・雨天時用のおおきなビニール袋・アウターウェア(下りの冷え対策)などが入っています。

プロテクターの曲がり部分が支柱になってバックパックを立てられるようになってます(偶然にですが)。これだと最低限の面積で路面に降ろすことが出来ます。雨天時にはかなり使える小技かも(^-^)

容量的にもまだまだ余裕があるので、靴を含めた着替えもなんとか入りそうです。

現時点で外は小雨が降っています。
明日には止んでいるとしても路面が滑りやすくなっているのは予想されます。それに加えて明日は全然知らないところを走りに行くので臨機応変に対応できるようにフラットペダルに付け替えました。前回のトレイルでは山用シューズとの食いつきがイマイチだったので細めのピンを多めに配置してます。




祝?32歳 

本日32歳になりました。
なんか中途半端な年齢って感じで嬉しくもなけりゃ虚しくもない。
単に年に一度の節目が来た…みたいな感じです。

でも去年よりは良い年にしたいなぁ。
仕事はもうちょっとどうにかしたいし、自転車も機材に負けない走りっぷりを体得したい。
どっちも自分が頑張らなければどうにもならないことなんじゃが…(^-^;

しかし一緒に走るみんなのライディングにはいつも驚かされます。
技量の違いがあることももちろんですが、やっぱり度胸というか肝っ玉が太いのかな?
初コースとかでも先頭でガンガン下る人もいれば、視点位置からすると崖のように見える段差も『こういう所こそ、行かにゃいけんやろぉ♪』と笑みを浮かべて(喜んでいる?)ぶっ込んでく人も居ます。

怖いと思った瞬間に素直に自転車から降りる潔さも大事なことだと思ってますが、常にそうだと自分のレベルは一向に上がらないわけだし、こういう判断って根本的な性格にもよるんだろうねぇ。僕の場合は前走者に付いていけば良いだけのパターンがほとんどなので、ライン取りとか難しいことは考えなくてもイイのに、スタート早々から間隔が開いていきます。積極的な走り方も人生もライン取りと度胸が大きな要素なのかも(笑)




日曜日は… 

日曜日はみんなで山に走りに行くことになりました。
スケジュール的には出先の仕事が2件入ってたんですが、先方に都合を付けてもらい明日の午後に前倒しさせてもらうことにしました。プラス先取りできる仕事も前倒しして徹夜作業しました。歳のせいでしょうか近頃徹夜作業が辛く感じます(^-^; まぁ昨夜は夜ポタから帰りそのまま作業に入ったので"歳"というのは気のせいでしょう(笑)

そんなこんなで日曜日に向けて意気揚々になってますが、結局ヘタレっぷりが変わらなかったりしたら恥ずかしいし情けないし…機材負けで根性無しの烙印を押されてしまいます(笑)

ただ、自分のレベルを上げようと躍起になっているここ最近は自転車に乗っていてもあまり楽しいと感じることが無くなっています。レクリエーションの域を出てアクティブライドしようと取り組んでいるから無理もないか(^-^;




写真を入れて装備の紹介 

今日はやることないので昨日ふれたネタの続きをやります。
続きというよりは、説明の補足と写真の追加…みたいな感じです。

まずトレイルライドの主要装備となる2点。
ドイター スピードライト20 と FOXRACING ニーシンガード。
スピードライトの方にはバンジーコードを取り付けて、ニーシンガードには別途入手したエルボーパッドを巻き付けてあります。

この2点を合体させるとこんな感じになります。
見ため的にはニーシンガードは上下逆に取り付けたかったんですが、そうすると膝のカップ部分がぶらぶらと暴れてしまうのでこのようになりました。※スピードライトの中には一応荷物が入っている状態を再現するために衣服やポーチなどを入れてます。

さすがにこれに加えてヘルメットを固定するのは無理そうですね(^-^;



装備も揃った 

以前こちらの記事で紹介したバックパックが本日届きました。
今日は天気も悪く室内で撮ると写りがイマイチなので、細かいレビューやバンジーコード移植ネタは後日アップしようと思います。

プロテクターにハイドレーションパック、バックパックにヘルメットと装備もしっかり揃いました。これで今週末は雨なんてことになったらヘコみそうです(^-^;





準備万端ですね by私だ
もう、あとは週末がくるのを待つだけですね。
けど、週末の天気は微妙な感じですね。
ハイドレーションバッグ、私もちょっと気になっているんです。
今は寒いので、飲み物は休憩の時ぐらいしか飲んでいませんが、温かくなるにつれ飲む量も増えるので、買うといた方がええのかも。
使い勝手とか、いろいろまた教えてください。

byracchi
僕が前もって意気揚々となっている時、当日の天気は悪いことが多いのでちょっと心配です(^-^;

ハイドレーションとバックパックの組み合わせによる注意点なんかもレビューしようと思うのでお役に立てると嬉しいです。

新たな問題発覚? 

SPDの再挑戦をはじめてから夜ポタでは寄り道先が増えました。
コースの途中に公園があるんですが、そこの階段を使って下りのフォームの練習をしています。
サドルに乗ったままのフォームとサドルより後ろに目一杯腰を落としたフォーム。
前者は特に問題ないのですが、後者のフォームで問題が発生です。
腰を引いたフォームの場合でもある程度は腕と足の関節を曲げて衝撃をやわらげるべし…と教本なんかには書いてますが、それをSPD装着のままで行うと無理に足首と膝をねじるような状態になります。これが古傷を抱えた膝に非常に悪いらしく微妙に痛みが走ります。
こりゃマズイと思いクリートが外れないギリギリの範囲で足先を開こうとすると、階段の振動で見事にクリートが外れてしまいます(ーー;)

万が一を考えるとこれ以上ロックの調整を強くするのは怖いし、そうかと言って固定せずに足を載せてるだけだと不意に足がペダルからズレそうで危ないとも思われ。素直にフラットペダルに戻す、もしくは片面フラット型のSPDペダルにするしか解決策は無いのかなぁ…(^-^;





bymino-r
チョット、フォームを見ていないんでなんとも言えませんが僕はSPDロックのスプリングは一番弱くしているけど下っている最中、不意に外れた事なんて滅多にないよ・・・ホント、記憶に無いくらい外れていません。
マルチリリースってのがイカンのじゃない?
自分はシングルリリースを使っているけど特に問題ないと思うけどなぁ~。
また、片面SPDってのは使いにくいと思うよ。
SPD側が必ず下向きますから、停車後ステップインする為にペダルをひっくり返す行為が必要です。
どうせなら大型ケージ付きのSPDがイイと思うけど。
まあ、引き足を使うペダリングをしない場合は素直にフラットペダルがいいかもね。
色々試してみてください(^^)

byracchi
そっか!シングルリリースのクリートを使うという手段もありましたね(^-^; それなら出費も最小限で済むし♪

片面SPDは確かにひっくり返す行為が必要ですが、まだSPDなんてものが無い時代にトゥークリップというモノを使っていたのでその点は慣れてます。それに片面SPDなら安いしってのもありまして(^-^;

いろいろアドバイスありがとう♪

ヘルメットが当たった 

当たったと言っても岩場で派手にヒットしたとかいうんじゃなくて、某通販ショップのプレゼント企画に応募してたやつが当選しちゃいました(^-^)


左が今回当たったOGKGAIAってやつで、右は今まで使ってきたスペシャのメット。パッと見た感じではデカールやアウターシェルの細かい配色なんかしてあるスペシャの方が高級感はあります。

でもこのスペシャのメットは僕の頭の形には全然フィットしてませんでした。まぁ安かったという理由だけで購入したので仕方ないことなんですが、スペシャのメットは基本的に欧米人によくある縦長の頭の形に合わせて作ってあるので、典型的な日本人の頭の形をしている僕の場合は横幅が足りずに被っているというよりは載っけているという感じでした。実際山に行くと振動でぶれることも多々(^-^;

一方GAIAの方は、日本人の頭の形に合うように作られていて、質感は別にしてフィット感の評判はなかなか良いとのこと。さっそく被ってみるとスペシャのそれとは明らかに別世界のフィット感でホントに頭を包み込んでいるという感じです。ヘビメタライブの観客みたいに激しく頭を振っても全然ズレません。ちなみにスペシャのメットで同じことをやると頭の上で暴れまくりです(^-^;


真上から見比べてみると外観上ではスペシャの方が横幅はあるようにも見えます。
後部の形状もずいぶん異なります。


しかし裏から見ると違いは歴然。
くり抜かれている部分の横幅はGAIAの方が断然ワイド。保護性能という面で見ればシェルの厚みがあるスペシャの方が上なのかもしれませんが、GAIAもJCF(日本自転車なんたら)の認定ラベルが貼ってあるし、まぁ問題ないレベルなんでしょう。


深さが分かるようにちょっと斜めの角度からも撮ってみました。
頭を包む部分の奥行きもGAIAの方があります。保護性能を保ちつつギリギリまで薄く作ってあるということなんでしょう。シェルの厚みが薄いぶん被ったときにキノコのようにならないのもグッドです♪

エルボープロテクターも安いのが手に入ったので、これで山でもしっかり走れます。
後はバックパックが届くのを待つばかり(^-^) 次のトレイルライドが楽しみです♪

楽天でGAIAを見てみる




慌ただしい週末 

土曜日は夜まで仕事して、友人との飲みが一件。
今日は朝から出先の仕事4件。慌ただしく時間が流れました。

友人との飲みでは初めてDJがいる店に行きました。ダーツもあってなんつーか今時のお店な感じ。
会話の邪魔になるほどの大音量でしたが、DJはスクラッチとかしている気配はなくて単なるレコード再生係?みたいでした。もしかしてなんちゃってDJ?とか思ったりしました。

出先の移動でもずっとSPDを使いました。とりあえず立ちゴケはまだ無し。
マルチリリースということで外すのは簡単だし、ダンシングしても不意に外れるということは無かったです。もともと試していたTIMEのそれに比べるとステップインにどうしても戸惑ってしまうけど、悪くはない感じです。




どいつが生き残る? 

今回のビンディング再挑戦企画はPGさんからもらったペダルでトライすることにしました。シマノのペダルですから本家SPDってわけですね。

ということで夜ポタ前にちゃんとクリートを付けて試走してみました。前にも試したことはあるんですが、使用期間ではTIMEのペダルの方が長かったので感覚的にはずっとビンディング=TIMEのイメージが強かったです。

実際、久しぶりにクリートをはめてみるとTIMEのそれにくらべてインサートエリアが狭いのでなかなか入りません(^-^; しかしはまってしまえばこっちのもん。いろいろな場面を想定したりしてステップアウトをしてみますが、マルチリリースということでやはり外すのはこちらが楽です。踏んでるときのダイレクト感はTIMEの方が感じやすい気もします。

手元にあるペダルは3種類。
お気に入りのフラットペダルもかなりいい味が出てきました。
TIMEのペダルはいざと言うときに外せなかったり、バテて体力低下してる時だとひねるパワーさえも出せずにコケること多数。嫌いじゃないけど使いこなせない憎い奴です(^-^;最終的に生き残るのはどれかなぁ?(笑)

ヒマだとついついネタを見つけては連続投稿しています(^-^;
こういう時に限ってアクセス数が少なかったりするんだよなぁ…。





再トライですか byわぁぷ
ビンディング、再トライですね。
マルチリリースだと、気合い入れてダンシングした時に、外れることがあるようですので、その辺ご用心を。
ちなみに、私は山サイ行くようになって、逆にフラぺに戻した小心者です。(^^;

byracchi
夜ポタで闇雲にダンシングとかも試してみましたが外れることはありませんでした。基本的にペダルと足のブレが少ないペダリングが出来ているのかもしれません。

でもTIMEのペダルに比べるとステップインする位置が狭いのでハメにくいのなんの(^-^; 競技になると出だしで遅れを取りそうです。

トピーク ムーンシャインHID 半額特価発見! 

ひょっこり見つけてしまいました。
自転車用のHIDライト。残りあと6個だそうです。

バッテリーの持続時間よりもとにかく明るさを優先!
という方にはおすすめです。

画像をクリックすると別窓で販売先のURLにジャンプします。
新品が半額というのはなかなか無いと思うのでおひとついかが?




ニーシンガードとか… 

早速ニーシンガードが到着しました。
即決価格がかなり低かったのでちょっと不安でしたがコンディションも良く良い買い物が出来たと思います。一応FOXRACINGとなってますので新品なら結構なお値段がするんでしょうねぇ。

サイズがL~XLとなっていたので膝下部分が長すぎるんじゃないかと思いましたが、なんとか許容範囲内な感じです。レッグウォーマーの上から試してみてデカすぎるようなら最下部の固定ベルクロ位置をちょっと修正してみましょう。ハードシェル部分は通気用のスリットや穴もあったりしてなかなか細かい作りをしてます。運搬時は重ねてバンジーコードで固定すればなんとかなりそうです。




機材に見合った装備を… 

最新モデルのフロントフォーク…
ペダリングロス低減機能付きのリアサス…
XTRのシフトレバーにブレーキレバー…

山で使うのに機材的には何の問題も無い。
足りないのは乗り手の運動神経と度胸のみ(^-^;

ヘタレな僕でも度胸を出せるようになるにはどうすれば良いの?
いろいろ考えたりこれまでのトレイルライドを振り返るとヒントがありました。
それはプロテクターの装着です。

T中夫妻はいつもプロテクターを持参してるし、mino-rくんもパッド入りのウェアを着たりしてる。
プロテクターは名前の通り本来は防護が用途ですが、僕の場合は度胸と勇気を出すためのココロのリミッター解除グッズにもなるのでは…と考えたわけです。まぁ付けたからといっていきなりガンガン下れるようになるわけではありませんが、今までなら躊躇していたテクニカルなセクションもとりあえず乗って下れるようにはなるんじゃないかと(^-^;

T中奥様の話によると荷物が増えるので登りはしんどいけど、場合によっては防寒対策にも使えるということなので、夏でも冬でも下半身はレーパンとレッグウォーマーだけの僕の場合は、ニーシンガードを装着すれば下回りの防寒にもなるとにらんだわけです(^-^) エルボー用はまだ吟味中ですが、ニーシンガードはすでに注文しました。届いたらネタとして晒します。





bymino-r
あっ!ソレ狙ってたバックパックだ(^^;
スポーツデポに置いてあってしばらく考えたけど諦めたヤツです・・・結構、お値段がよかったので(--;
軽くてイイと思うよ!容量も必要にして十分だと思います。
いい物をチョイスしましたね!
また、プロテクターはニーシンガードだけでも大分気持ちに余裕が出てくるよ!実際、一番ぶつける所だしね・・・(^^;
エルボーもあるといいね・・・肘を岩にHITした経験アリです・・・メチャ痛いで。

byracchi
僕もデポで実物を調べてから楽天の安いところで買いました(^-^)
もともと注文してたニーシンガードはサイズが無くてとりあえずヤフオクに出てたFOXのガードにしました。
エルボーは動きやすそうなのが見つからなくてねぇ(^-^;

byOGA1000
配信動画のビットレートなのですが、以前変化させて試したのですが、どうもしっくりくる画像にならず結局、詳細設定せず、デフォルトのWeb用の圧縮率で行っています。H263エンコードのくせみたいなものが、素早い動きの動画の画像の粗さにつながっているので、単純にはいかないようです。他のエンコード方式では、かなり圧縮率が落ちます。難しいですね。普通の風景とかをゆっくり撮影するとかなり美しく見られるのですが、ヘッドカメラでオフロードの下りの振動の中撮影した映像などは、あんなものだろうと思ってます。
 しっかりと三脚で固定して上下動をなくして皆さんの走りを撮影するとかなり締まりのある映像が撮影できると思います。今後のチャレンジですね。

byracchi
ビットレートさえ上げれば…なんて思っていたけど、なかなかうまく行かないもんですねぇ(^-^;
僕もちょっと情報収集してみます。

セーフ(^-^) 

年末年始の暴飲暴食してる間、全然体重をはかってませんでした。ビックリするくらい増量してるのかと思いきや、体重計に乗ってみると先月の初旬から変動無し。セーフです(^-^;

それでも日々の食欲は以前より増しているので、気を抜かないように寒さに負けずポタろうと思います。昨夜はあまりの寒さにすぐに引き返してしまいました(笑) 首から鼻のあたりまですっぽり覆うウォーマーがドラッグストアの入口なんかで売っているのを見たことがありますが、あれ買ってみようかなぁ…。




ヒマつぶしの昼ポタ 

年が明けてまだ仕事を一件しかやってません(^-^;
予定では中旬から忙しくなるのですが、予定は未定って言うくらいだし不安です。

家でやる急ぎの仕事も無いのでとりあえず行きつけのショップまで昼ポタです。
思えば忘年会以降、店長とは顔を合わせてなかったんですよねぇ。今年も何かとお世話になるだろうし、ちょっと遅めの新年の挨拶をしに行くというわけです。

ショップにはモリ・チャングさんのニューバイクGIANT ANTHEMがほぼ組み上がった状態で置かれてありました。今年の王滝に投入といったところでしょうか。1時間くらいショップで雑談したり雑誌を読んだりしてから暗くなるまえに帰路に着きます。今日は朝から何も食べてないので、帰り道は無性に腹が減りコンビニでおにぎりを買って川沿いの階段で食べました。ローソンのチャーシューマヨネーズっておにぎりを買ったんですがけっこう好きかも(^-^)


久しぶりに愛輪登場(笑)
透明なバッシュガードが妙に浮いてる存在に思えるのは自分だけでしょうか?

シマノのツールボトルとそれを取り付けるのにトピークのモジュラーケージEXを購入しました。今年は大物パーツは我慢!がモットーなので楽天のポイントで買える程度の小物パーツネタが中心になりそうです(笑)

ツールボトルは前からずっと気になってて、シフトケーブルなどの消耗品と一緒に年末に注文しておいたものです。ケージはいざとなればペットボトルもセットできるようにモジュラーケージをチョイスしました。別に狙ったわけでは無いけどこれでボトルケージは2個ともお揃いになりました。

いつもポタの時は携帯ポンプ・予備チューブ・タイヤレバー・修理パッチ・予備チェーン3コマ・リンクピン・チェーンカッター・アーレンキーセット・携帯工具を携行するんですが、これ全部だとウェストバッグがパンパンになって財布やデジカメの収納に苦労してました。おまけに重さもそれなりになっちゃうので夏場は腰が蒸れる蒸れる(^-^;

そこで極力バッグの中身は軽くして、ツールボトルとサドルバッグに工具類は分散してしまおうという作戦です。

僕が使っている携帯ポンプは空気がしっかり入ってゲージも付いているのでとても気に入ってますが、付属している固定バンドがFSRには付きません。つまり持ち運びには不便なんです(^-^; そこで大きいサイズのツールボックスならギリギリ収納できるんじゃないかと思ったわけです。寸法的にギリギリだし事前に確認が出来ないので一抹の不安はありましたが、見事ジャストサイズで収まりました。

ツールボトルには携帯ポンプと予備チューブ・タイヤレバー2本を入れてほぼ容積いっぱいです。残りの工具類はサドルバッグに収めました。これだとウェストバッグは貴重品入れのみに使えるのでバッグもパンパンにならずに、乗ったままでも中身へのアクセスが楽になりました。





ボトルケージ by私だ
私は下の方はボトルケージを付けてないんですが、工具とか入れるやつ専用にするってのは、ええですねぇ。
やっぱり、下の方はドロとか飛んできて汚れやすいので、飲み物はちょっと・・・って感じですからね。

byracchi
見た目のバランスとか考えるなら下のケージは無い方がイイです(^-^;

僕の場合はポタや自走トレイルでなるだけ背負う荷物を減らすのが主な目的です。

やはりこれからは動画? 

昨日のトレイルライドもO嶋さんがMPEGビデオレコーダーで撮影してました。
編集担当のOGA1000さんは今回は参加してなかったので拝見できるのは先になりそうですが、新年会の席で前回走った時の未編集版DVDを見せてもらいました。Web配信用に圧縮してないので荒いドットも少なく編集版には映ってなかったシーンもたくさん見れて楽しかったです。調べてみると配信用の動画は音声と画像をあわせて350kbpsくらいのビットレートで編集するのが良いらしいので、OGA1000さんこの記事読んでましたら次は試してみてはどうでしょうか?

で楽しんで見るのはもちろんですが、僕にとって肝心なのは配信する際はカット対象になってしまいそうな一見地味なシーン。たとえば急傾斜のガレた下りでの速い人の真横からのフォームや腕や足の曲げ具合とか…。同じことをやって自分も上手く走れる保証はありませんが、やはり速い理由や度胸を出すタイミング?みたいなものを掴めるんじゃないかと思うわけです。まさしく活きた教本なのであります(^-^)

画質や総合的な性能面(電池の持ちとか)を考えると僕はまだまだ手が出せませんが、いずれはその方面に手を出しそうな予感がします。

話は変わりますが、昨日は走れる部分は多少根っこは多かったものの岩場やガレガレな路面はほとんどなくて、僕もスピードを落としすぎてクリアが難しい段差以外はほとんど乗ったまま下れました。同じような傾斜でもガレてなければ『怖い…降りよう』ではなく『いっちょ乗ってみるか!』の気分になるんです。僕の場合は上手く走れなかったとしても、この『乗ってみるか!』のガッツが出せることが大事。昨日は転倒も何度かしたけど終始ガッツは出せたので自分的には上出来です(笑) 自走で行ける近場でもこういうガレてないおいしいコースを見つけたいもんです。

今日は年末にひょっこり知り合った外人さんと走る予定でしたが、相手から返事が無かったので中止しました。昨日の疲れもあるし嬉しいような悲しいような複雑な気分です。

今夜は久しぶりに夜ポタでもしようかな…と思って泥まみれの愛輪だけは寒い中キレイにしておきました。年末年始はほとんど夜ポタしてないし体重計にもしばらく乗ってないのでヤバいことになってそうな気がします(^-^;




登りも下りも押しメインでした(^-^; 


朝起きたら家の前もうっすら雪化粧。
山の路面コンディションは最悪かも…なんて思いながら行ってきました。
コースは午前と午後の2部構成。

雪の影響はほとんどなく路面も適度に湿っていい感じでしたがこんな場面もしばし(^-^;
一応道にはなっているんですがほとんど押したり担いだりの道のりでした。それでもちょこちょこ走れるいい感じの道があったり、あまりガレてない下りもあったりして内容の濃いトレイルライドになりました。尾根伝いに太平洋を望みながら進む道もあってちょっと感動する一瞬も(^-^) その時の写真を撮ってないのが悔やまれます(^-^;

なんとか日没までには下山して、夕方からはT中さん宅で新年会を兼ねた夕食会をして帰りました。
なんかまとまりない文章ですが今日はこの辺で…。

本日の走行距離
午前の部 7.8km
午後の部 8.5km
トレイルライドなのに下り行程のログはほとんど乱れてなかったので、実際にしっかり走れた距離はかなり短かったようです(^-^;





ホントお疲れ様でした。 byモリ・チャング
途中でのチェーン切れの際にはお世話になりました。rachiさんの用意周到ぶりには感服です。今度はもう少しちゃんと乗れるコース設定しますのでヨロシク。

byracchi
あっ(・o・)
チェーン切れのネタを書くのを忘れてましたね。

いつも下りで足手まといになり申し訳ない気持ちがいっぱいなので、どんな形であれお役に立てれて良かったです。

ルートは地図で見るのと実際とでは違うことが多いですからどんまいどんまいです(^o^)/♪






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。