FSRに乗って… HOME > 月別アーカイブ [ 2007年05月 ]









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

もったいなくて使えない(笑) 


コツコツと揃えた補給食です。

右隅に写っている小さいマヨネーズ容器みたいなやつは、ジェルフラスクとかエナジーボトルとか呼ばれる物で、ジェル状の補給食をまとめて入れておき、いちいち開封する手間を無くしてチビチビ食べていくための容器です。事前に準備しておけば開封時のゴミも出ないのでいろんな面で便利。結構人気な商品らしく通販でも売り切れが目立ちます。僕はトライアスロン系の通販サイトで入手しました。

その上にあるグレーっぽいケースはフラスク専用のポーチで、ベルクロでハンドルやステムに固定しておき、必要な時に取り出して補給するというものです。

もったいなくてウィダーインゼリー以外は使ったことありません(笑) 天気が良ければ今日の林道行きで試してみるつもりだったんですけど、オフの日と天候がうまく噛み合いません(^-^;

スポンサーサイト



もっさりにゲッソリ 

今使っている携帯電話は発売直後に相方とお揃いで買ったSH505iです。
裏技があったり、カメラ部分の特徴ある形状から"フジツボ"なんて愛称も付いてたっけ。

当時、高知ではFOMAのサービスが始まったばかりで、マトモに通話出来なかったことが多いと聞いたのでMOVAにしたわけです。それから数年が経過し、特に不満は無いものの外装はボロボロです。

先日相方の携帯が起動不能になり、DSで調べてもらったところ内部の劣化だか破損だかで一足先にFOMAに機種変しました。僕の携帯は派手に落としたり3回ほど水没してるにも関わらずまだ使えていますが、内部の劣化が原因となると、遅かれ早かれそろそろ寿命が来そうです。

そんなことがあってから自分も機種変更を見据えて、友人やお客さんの使っている【今時の携帯】を軽くイジらせてもらうのですが、なんつーか最近の携帯は汎用OSと機能てんこ盛りの影響とかで、動作が激しくもっさりですねぇ。

文字入力していると文字数が長くなるにつれて表示がワンテンポもツーテンポも遅れるモノや、最初のメニューを開く段階でイライラするほど待たされる…とか(^-^;
高い金払ってわざわざもっさりな機器を買おうとは思わない…でも早めに買い換えておかないと今の携帯はそのうち死ぬ。難しいところです(笑)

今のドコモのラインナップは大きく分けてハイグレードな9XX系とエコノミーグレードな7XX系になるようです。僕の使い方ではフルブラウザもおサイフ機能も要らない。カメラもデジカメがあるんだし、それこそメモ撮り程度の解像度で良い。最優先すべきはサクサク動くこと。後は着信イルミの細かい設定が出来てメールや着信があったことをLEDの点滅で通知してくれるお知らせ機能なるモノが付いていれば良い。

それらの条件で調べていくと……ありました(^-^)

SA702i

すでに発売は終わっている機種らしく、店舗で拝むことは難しいかもしれませんがヤフオクで白ロムを買ってDSに持ち込めば手数料だけで機種変更可能。

某巨大掲示板でもサクサク動くFOMAとして根強い人気があるようです。
デザインは所有欲をそそらないし今の携帯より画面が若干小さくなるけど、求める機能は全て搭載されているし、あまり他の人が使ってないというのもオイシイ。サクサクすぎて、他のもっさり機種には戻れないというデメリットもあるようです(笑)

SA(SANYO)はキッズケータイ以外はドコモから撤退…みたいなので後継機種は期待できませんが、FOMAカードさえ入手できれば、後は気に入った本体が発売されれば買い増ししていけば済むことです。

契約年数が長く割引率もデカいので、今さら他のキャリアに乗り換えることはないと思います。
今後もずっとドコモなんでしょうけど、端末開発者の方にはサクサク動作も追求して欲しいところです。
操作の軽快さを表す基準があって、カタログにも表記されるようになるとイイんですけどねぇ(^-^;

さて、オークションの相場でも調べてみますか…。





はたけ byもしその機種に買えるつもりなら
俺だったら、低価格で手に入る最新機種のものにまず機種変更します。movaからfomaに買える時は、確か優待価格で購入できるはずなので。

そしてオークションで目的の白ロムを手にいれたら、新しく買った機種をオークションに流します。これで安上がりかもしくはプラスになるはず。

fomaはカードを差し替えるだけで使えるようになるから、便利なものです。

byracchi
さすがにそこまでは考えなかったです(^-^;
値段も様々みたいなので、まずは何軒かで見積もりを取ってみます。

小さくたって一人前? 


先日の峠巡りにて

チェーンリングの歯先と比較しても、ものすごく小さいバッタというのはおわかりいただけると思います。
サイズからして赤ちゃんバッタなんでしょうけど、体格も大人のバッタに引けを取らないくらい立派です。
後ろ足もしっかり発達してるので、想像以上に飛び跳ねそうですねぇ(^-^)




ダバダ火振を求めて… 

何かとお世話になっているお客様にお礼を差し上げねば…先日そんな記事を書きました。
お礼の品として考えたのは、近頃入手が難しいらしいダバダ火振という栗焼酎です。

もともと生産量が少なめなことと一時期盛り上がった焼酎ブームとが重なり、今現在でも普及価格帯のダバダはなかなか店頭では拝めません。通販サイトでも『完売』や『入荷未定』が多いようです。

近場の酒屋は巡ってみましたが、1リットル未満で5000円もするようなハイグレードなやつがあるだけでした。店主に聞いてみたところ、普通のやつは入荷出来たとしてもわずかな本数だし、今のところ入荷の予定は全く無し…とのこと。店によっては地元の地酒なのに県外から仕入れるというパターンも多いようで、とにかくレアな焼酎らしい。

このダバダ火振、四万十町(旧大正町)にある無手無冠(むてむか)という酒蔵のお酒。
無手無冠というのは、「冠におぼれず、飾らず、素朴な心を大切に、ひたすら自然を生かした地の酒造り」という酒造りの姿勢に由来するんだそうです。

酒蔵の名前も独特ですが、ダバダ火振という名称もかなり個性的です。
ダバダ火振は、四万十川の伝統的な『火振り漁』という漁法と、村人達の集いの場でもあった『駄馬』にちなんで付けられたネーミングだそうです。

無手無冠の公式サイトを見てみると、姉妹店として楽天市場に出店しています。

土佐の地酒屋

酒蔵直営もしくはそれに近い体制で運営していると思われるので、通販市場においては在庫・品揃えも一番だろうと思って覗いてみましたが、普及帯のダバダはどれも『近日入荷予定』となっています。

こうなりゃ地道に探すしかない!
ということでドライブがてら『ダバダ火振を求めて…』の旅に行ってきました。





ダバダ by私だ
ダバダって、昔はどこでも手に入ったのに、今はそんなことになっとるんですか。
私は日本酒派なんで、特に不自由はしてませんが・・・
日本酒ブームが来ないことを願います。

> ダバダ byracchi
自分も直接困ってないので、不自由は感じてませんが
ブーム以前から愛飲している人には大変なようです。
ブームと言うのは怖いですねぇ(^-^;

仕事が大変なようですが、体調崩さないようにお気をつけ下さい♪

次回は byタカシ。
須崎まで行かれる前に高知インター通りの「佐野屋」(味の時計台、西裏)を覗いてみて下さい。って言うかそのハグ叔父さんに教えてあげて下さい。私も最近、偶然発見しました。但しネットより若干お高い(泣)しかし、いくら定価であっても近日入荷は待てないもんね。このネタをUPするのはもう少し先にします。たちまち「売り切れ」になったらかなわん。

> 次回は byracchi
タカシ。さん、ご無沙汰しております♪

近場の有力情報ありがとうございます。早速ハグおじさんにも一報入れときました(笑)
県外で買うならまだしも、地元で買うにも価格差が出ちゃうのは困ったもんですね(^-^;

はたけ byダバダは
高知市内のリカー王(っていう名前だっけかな?業務用スーパーとかと一緒になっているディスカウントショップ)でも手に入りますよ。
確か毎月決まった時期に入荷するので、時期を確認しておかないと手にはいりませんが。

もともと生産量の少ないお酒ですから、ちょっとブームになると入手しづらくなるのが悲しい。

byracchi
コテコテのディスカウントショップでも売ってるとは…(^-^;
しかも毎月定期的に入荷してるとは侮れないですねぇ。

峠を巡ってみて… 

初めて峠を目指して走るというポタ(と言うよりツーリング?)をやってみました。

上りをいかに楽しむかが重要なポイントのようですが、昨日のコースは勾配も適度な感じで疲れて足を止めることは無かったし、少しずつ標高を上げながら漕いでいくのはとても楽しかったです。
上級者になると上りでハイテンションになれるようですが、そこまでには至りませんでした(笑)

それでも、のどかな田園風景や史跡を見ながら進んでいくのは、プチ旅行のような感覚を覚えます。
今回のコースはあまり眺めは良くなかったけど、山沿いの道はあちこちにダートへの脇道もあったので、マウンテンバイク党の僕としては、そういう道に遭遇できるだけでも十分に満足できました。
木々に囲まれて走ったぶん、マイナスイオンも吸収できてることでしょうし(^-^)

眺望良し!日除けの屋根良し!みたいな休憩所があれば、ちょっと重くはなるけどバーナーも背負ってコーヒーブレイクとかもイイですなぁ (・∀・)ノG[_]

…ということで、すっかり峠ツーリングに魅了されてしまったようです。
次の候補地を探すのがこれまた楽しみだ(笑)

 




ハイドラパック AS-RACE 

積極的な水分補給…。昔のスポ根ドラマでは練習中の水飲みは御法度だったりしましたが、脱水症状の回避や体力の消耗を防ぐために医学的にもそうするべきとされています。

僕のハイドレーションシステムは最初はSmarTubeから始まりました。
専用品は高いのでペットボトルを流用できる簡易システムですが、そこそこ活躍しました。何度か使っているうちにバイトバルブが破けておしまいになりましたが、今ではスポーツデポで予備バルブも売ってたりするので気軽に買えます。あまりバルブを噛みすぎないように気を付けて使えば特に問題はありません。

僕はそれを機にハイドラパックに移行しました。これまではドイターのバックパックにセットして使ってきましたが、最小限の荷物でパパッと走るとき用にタイトルにもなっているAS-RACEというザックを入手しました。
安く手に入れておいたものの、実際に使ったことが無かったので昨日の峠巡りで使ってみました。





bywindy
疑問なんですが、こういうのって体温で温まったり、直射日光に当たって温水になったりしないんでしょうか?(^_^;

byracchi
内部のパックだけを屋外で吊したりすれば温水になるかもしれませんが、普通の使い方で特に不快を感じることはありませんよ(^-^)

僕の場合だと、真夏は真空断熱のマグボトルに氷とアイスコーヒーなどを入れて持って行くこともあります。
多少重くはなりますが、自分の減量と車体の軽量化で浮いた重さがあるので良しとしてます(笑)

今度の『轍』はひと味違う 

GoogleMaps編集支援ソフト『轍』が大幅にバージョンアップしました。
詳しい説明は作者windyさんの記事を読んでいただくとして、とりあえず昨日のコースを新バージョンで再編集してみました。

コースはこちら

プロフィールマップに地名表示が出来るようになったので、コースのイメージがもっと分かりやすくくなりました。さらに区間解析も出来るようになっています。例えばダイエット前のデータとダイエット後のデータを比べてみたりすれば、軽量化の効果を実感できるかもしれません(^-^)
一般道を走った後はこういう楽しみがあるので、しばらくは峠巡りに精を出そうかしら(笑)

 





し、しまったぁ・・ bywindy
うっ、ラインを太くするとマーカーも太くなっちゃってる。(汗)
これは意図的にしたものではありません。(^_^;
今なら誰もわからないんでバージョン変えずにこそっと直しとくか?(爆)

こそっとすり替えました。(^_^;

byracchi
僕は別に気になりませんよ(^-^)
上昇量の修正に手間取ってますが一応直してみときます。

カブリ石峠に行ってみた 


カブリ石峠にて

移動距離 68km
移動時間 03:27:49
移動平均速度 19.8km/h
総上昇量 760m
最高高度 520m
最低高度 0m
消費カロリー 3,151kcal

今回のコースはこちら

イヤ~な予感はしてたんですが、昨日取り付けたチューブレスタイヤは前輪の方が思いっきり空気抜けてました。なんとかリムには嵌めたものの、ビードがしっかり上がってなかったようです。

と言うことで、もう1つのホイールセットで出発。
前後ともランチェロでしたが、全行程舗装路ということは調査済みだったので、昨日のうちに後輪だけオリフレイムの旧バージョンに付け替えてあったのです。オレンジライン入りなのでランチェロと見た目の相性もバッチリ?(笑)

今回は峠を巡りながらちょっと気になる神社を散策したりしました。
いわゆる旅情的ポタってところでしょうか(^-^;

GoogleMapsのマーカーリストにも写真を組み込んでみました。
初めて『轍』の機能を使って写真からのウェイポイント自動作成をやってみたんですが、あっという間に出来上がり驚きました。面倒なイメージがあって今まで避けてたのがアホみたい。


当初の予定ではカブリ石峠と、その峠を下った山川集落にある石舟神社の散策で終了!…だったんですが、神社での散策が不完全燃焼に終わったので、大幅にコース延長(笑)

旅情感たっぷりなポタの作例をいろんなブログを見て参考にさせてもらったんですが、一気に書き上げるのはちょっと大変そう(^-^; 続きはさらに後ほど…追加します。





byむさし
香我美町⇔香北町間の塩の道ですか?
見た記憶がありますね。
タイヤのサイドが切れた記憶が。

byracchi
『塩の道』よりも1つ東側の道になります。
こんな感じの風景が連続してましたよ。

舗装もくたびれてひび割れや崩壊箇所も多いし、落石でそれなりに路面も荒れてました。
薄々な軽量タイヤとかだと、それこそサイドがパックリ逝ってしまう可能性大なので要注意です(^-^;

bywindy
なかなか良い雰囲気の峠ですね。
こういう自然な感じの切り通し好きです。

ところで総上昇量2312mはあり得ないと思うんですが・・
もしかして「詳細設定」の「上りとみなす距離」がゼロになってたりしませんか?

byracchi
旅情的に書いてみようと頑張って追記してみましたが、
写真と文章がただ長いだけでうまくまとめれませんでした(^-^;
文才が無いので、師匠のポタ日記を勉強させてもらいます。

「上りとみなす距離」は10mになってます。
デフォルト値にして上げなおしておきました。
数値を小さくすれば単純に正確に表示できるのかと思ってまして…。

bywindy
おっ、作成第一号ですな。(^_^)
地名が長すぎるとはみ出しちゃいますが、そういう時は手動設定で高さを調整して下さいね。
ちなみにプレビュー画面に地名が表示されないのはバグではなく仕様です。(^_^;

byracchi
地名が長い場合は手動調整を忘れずに…ですね(^-^)
肝に銘じておきます。

一気に高機能になりましたねぇ。
区間解析機能は他の同系ソフトを寄せ付けないアピールポイントかと(^-^)♪
今後も期待しております。

初体験 

今日は昼過ぎから時間が空いていたので、手に入れておいた中古のチューブレスタイヤを取り付けてみました。タイヤはIRCのマーベラ 26×1.50です。ラインナップでは1.95もあるんですが、新品で1セット買ってみようと思うほどの興味は無かったし、とりあえずオークションで見つけておいたコイツを大きな争奪戦も無く落札したので試してみよういうわけです。

チューブレスのメリットが多いのは知っていますが、空気圧の管理さえしておけばチューブドでもパンク遭遇率はそんなに高くないし、チューブドの方が気楽に扱えるのであまり触手が動かなかったんです。異物が刺さってパンクした場合はどっちみちチューブ交換だし、ノーチューブの液体を入れれば小さな穴はすぐに塞いでくれるようですが、なんつーか僕の感覚では手軽では無い(^-^;

それらの問題をチャラにしても良いくらいに乗り味が変わるのならマジメに考えます…と言うことで、早速交換作業です。

はい出来上がり。


と簡単に出来上がり……ませんでした(ーー;)




遠くの林道より近くの峠 

なんだかんだで宙に浮いている林道行きの企画
なかなか2日連続の休みが取れないのが原因ですが、おちおちしていると梅雨までやってきて天気的に無理!になりかねない。今月一杯でなんとかやっつけたいなぁ。

そんな焦りを感じつつ、仕事の合間はもっぱら地図を眺めることが習慣化しております。
珍名峠リストにぜひ入れたいカブリ石峠なんか、2時間もあれば近所の散策まで出来ちゃいそうです。
ちょっと北に行けば記念坂なるつづら折りの坂もあります。

あくまで一般道なので、windyさん作の『轍』もどんどん使えるし楽しみが増えそうです。
とりあえず企画をやっつけたら、峠巡りもいいかもなぁ。
知らないうちにすでにハマっているのかも(笑)




第二の父 

今日は仕事で芸西村まで行ってきました。
メッセンジャーバッグにノートパソコン・教材・着替え等を詰め込んだフル装備。慣れているとは言ってもさすがに1本のショルダーベルトだけではきついきつい(^-^; 早めに出発して赤野休憩所まで走ってから、仕事をしました。

今回のお客さんは常連さんで、定年退職後に趣味としてパソコンをはじめられた方です。
飲み込みが早いので、パソコン歴1年としてはかなり使いこなせています。最近は突っ込んだこと聞かれると即答できないくらいのレベルになってきているので、先生役のこっちが大変です(笑)

ぶっちゃけグーグルなどの検索エンジンで調べると、パソコン教室で習う初期~中級レベルのことはたいてい
見つかります。ヤフー質問箱とかも使えば丁寧に教えてくれる奇特な方もいらっしゃるので、実質は通信費だけでほとんどのことは習得できます。みんながそうなってしまうと食い扶持が無くなって困るんですが、何でもかんでも教えて君にも困るわけで、難しいところです。

普通に使う分には全然問題ないレベルなのでもう僕の必要は無いのでは…と聞いてみたこともあるのですが、奥さんに先立たれ子供にも恵まれなかったということもあって、なんちゃってな息子役と話し相手も兼ねて今後も続けて欲しいということで、今に至っています。

人生の先輩でもあるわけで僕自身も第二の父としていろいろ相談したり、ホンモノの父の愚痴を聞いて貰ったりもします。今回は事前に新しいお客さんを呼んでおいてくださり、顧客も1名増えました。明らかに僕の方が世話になってる状況なので、最近手に入りにくくて晩酌がつまらんと言ってたダバダでも届けようかと思っています。





byむさし
やる気のある方と接すると、自分もやる気が出ますね。
ただし、長続きはしませんが‥。

仕事に関して思うのですが、必ずしも高いスキルが必要ではないですね。
対人関係をうまく築けるほうが重要視される時も多いです。
しかし、直接お客さんと対峙するのは難しい。

パソコンは7年前に仕事の関係でやる羽目に。
最低限?ぐらししか出来ませんが、事足りてます。
自分のPCは4年ぐらい使っていますが、快調そのもの。
しかし、CPUが無駄にハイスペックなのがもったいないかも?

byracchi
長続きするかしないかは、今の僕にはまだ分かりませんが、僕自身高いスキルを持っているわけではないので、教え方や個々のレベルに応じた課題の設定などを重点にしてやっています。

パソコンはある程度イジれる機種にはしてますが、所詮ノート型だし今の店頭モデルに比べると見劣りしますが、普通に使うには何の問題もありません。僕もスペックを活かしきれてません(笑)

カミングアウト 

先日、友人に心の病気があることをカミングアウトしました。考え方のズレを埋めて行くにはそうするしかないと思ったし、普通の人には些細なことでも、当事者には大きな問題であることも少なくないからです。
うまく言えないのですが、もっと距離を縮めてみたかったんです。

自分の中で抱え込みすぎて、カミングアウトするよりも先に不可解と思われても仕方ない行動を取ってしまったこともあって、結果的にズレを埋めることは出来ませんでしたが、すんなり行くことの方が難しいのでやむを得ません。

普通の人に説明しても、そんなことぐらいで…と自分の弱さ甘さを批判されることがほとんどです。
逆の立場なら自分も普通の目線で批判しかしなかったでしょうし。
落ち込んでいてもきりがないので、前に進むとします。

昨日の記事に続けて書こうとしたんですが、うまく文章を繋げていく気力がありませんでした(^-^;




コミュニケーション 

一人で仕事をしていると、どうもコミュニケーション能力が衰えてくるようです。
出張PC教室の時は一応先生役だし分かりやすく喋るのも仕事なので特に不都合はないけれど、自宅での作業となると隣の席に寒いギャグを聞かせる同僚も居ませんし、口うるさいお局様もいません(^-^ ;一人つっこみはあるかもしれませんが双方向のやりとりが無いわけです。その代わりと言ってはおかしいですが、どうしてもパソコンに向かうことが多いので、ブログやメールではなるだけ一方通行なやりとりにならないように心掛けているつもりです。

友人や同業者とも普通もしくはそれ以上にディープに話せるけど、格上と認めてしまった人なんかは崇めるとまでは行かないにしろ、気軽に話せなくなったりもします。使えない上司には散々噛みついてたのがウソのように(^-^;
先日飲みに行った幼なじみの旧友からは『おまえの性格からして、そういう気持ちも分からなくはないが、ちょっと意識しすぎなんじゃないか?』と言われる始末で、いつからそうなったのか分からないけど、性格的な問題を治すのはなかなか難しいと思うので、自分の事ながら先が思いやられます。

旧友の分析によると僕は必要以上に相手の事を考えすぎるらしい。良く言えば細かいところまでフォローが出来ることになるけど、ひょんなことからそれが災いして揉め事になる可能性もある…と言うのだ。言われてみればそういうことあったかも(ーー;) さすがは心理学専攻の友、痛いところを突いてきます。でもそういう人も存在しないと世の中は成り立っていかないので、あまり気に病むことは無いそうだ。全く無配慮な人間も存在するわけだし、いろんな性質の人間が集まって町や国が出来ているのだよ…なんだって。分かるような分からんような…(^-^;

まぁ専門家は大丈夫と言ってくれているし、とりあえずは良し…?




テコ入れ作業 

Edge305の導入ですっかり影を潜めていたiPAQですが、林道ツーリングに向けて目的地周辺の地図の格納作業を行いました。各種ソフトのバージョンアップと動作確認などもチェック。山では大活躍のomaniもバージョンアップしていたので導入してみましたが、ボタン割り当てがうまく機能せずに旧バージョンに戻しました。全画面表示とかおいしい機能も付加されているので、早く不具合修正版が出ればいいなと期待しています。

今週は時間ばかり掛かって超面倒臭い仕事が続きました。予想以上に気力を使うのであまり走れてません。
低い生活強度なのに食べる量は変わってないので、体重増加が心配でしたが今のところセーフです。
どんなに厄介な仕事でもデスク作業だとカロリー消費も少ないので、油断してると増量キャンペーンになりそうで怖いです(笑)




案外ハマるかも… 

何気なく地図を見ていたんですが、峠の名前って面白い。
地名のままの峠から、鳥・猿・猪・獅子と言った動物にちなんだものまで様々です。
本当の名前よりも通称の方が有名な峠なんかもありますね。

そんな中でちょっと変わった峠も見つけました。

双子の木峠   愛媛県西予市
桜峠       高知県高岡郡檮原町・愛媛県西予市
窓峠       愛媛県西条市
カブリ石峠   高知県香南市(旧香我美町)
九十九曲峠  高知県高岡郡檮原町・愛媛県西予市
辞職峠     高知県吾川郡いの町

おかしな名前もあれば思わず行ってみたくなるような名前のものもあります。峠を自転車で巡る…僕には関係ない分野だと思ってましたが、こうやって地図を眺めて名前や由来なんかを調べていくと違った角度から峠好きになるかもしれませんね。





bywindy
辞職峠は傑作でした。(笑)
何でそんな名前付いたんだろう?

racchiさんもついに峠漁りに目覚めましたか・・(^_^)
高知は峠の宝庫でええですねえ。

byracchi
舗装路の峠ではつまらないので、すでにトンネルが抜けて旧道扱いになってるような峠を巡ってみたいですね(^-^) パスハンティングとか言うんでしたっけ?

辞職峠は登る人がみんな諦めるくらいキツイ峠…とかどっかに書いてあったと記憶します。

峠の名前 byわぁぷ
辞職峠って、登りたくないですね。

ウチの近所には、「暮坂峠」というもの凄く難所のような名前の、あっさりした峠があったりします。

> 峠の名前 byracchi
わぁぷさん、お久しぶりです。
最近はロードを中心に乗ってられるようですね。
すっかりロードにハマっているのを記事でも拝見させてもらってます。

日本全国いろんな名前の峠がありますねぇ。
四国に地図を見るだけでもお腹一杯になります(笑)

延期 

5時に起きて天気状況を確認。メインの林道がある地域の実況値は雨でした。
昼までには雨も止むようだし、1日目の走行予定距離は林道手間までの60キロ。時間にして3時間半くらいだし、遅めの出発でも大丈夫…と思い10時まで二度寝。雨量もそこそこあったので雨も完全に上がって少しでも路面が乾くのを期待しての10時です。

目覚ましをセットして眠りについたものの、10時になるまでにすさまじい強風の音で目が覚めました。
追い風ならウシシなんですが、外に出て確認すると風向きは概ね真逆に吹いていて、近所の家の自転車はすべて風でなぎ倒されてます。
空も晴れてるどころかドス黒い。この段階で素直に延期決定(^-^;

コレ書いてる夕方4時現在、風も幾分落ち着いて薄曇りな天気。
行っときゃ良かったとちょっと後悔ですが、その時は何が何でも行くぞ!っていう意気込みが無かったのでまぁ仕方がないです。

とりあえず再挑戦の日を確保するために、今日は仕事を先取りして進めています。荷物はパッキングしたままいつでも出発OKな状態にしておきます。

容量30リットルのバックパックにテント一式・寝袋・リンコウシート・着替え・バーナー・食料等がキレイに収まりました。





bywindy
今日はこちらもすごい風でしたよ。
こんな小さいリュックにテントと寝袋とバーナー一式まで入るんですか!
すごいなぁ・・

でも重量が凄くないですか?
僕の場合、背負い荷物が2kg超えると腰に来て駄目です。
泊まりツーリングの時はいつもMR-4を使うのは、背中の荷物を少しでもフロントバッグに分散させるためだったりします。(^_^;

> windyさんへ byracchi
今日は低気圧がぶつかり合って強い風を起こしてたようですね。

バックパックの総重量は量ってませんが、思ってたよりは軽く仕上がってます。
バーナーやクッカーを軽量化のためにチタンをチョイスしたのも多少は効果有りのはずです。

膝は弱いんですが腰は頑丈なので、これで行けるんじゃないかと(^-^;

雨かぁ… 

林道ツーリングは明朝出発のつもりで準備してたのに、明日も昼までは雨模様みたい。
このまま梅雨入りなんかされたら辛いなぁ…。
朝一番で天気情報を調べてから最終的な判断をすることにします。




それでも走った 

昨日は戦意喪失云々と書きましたが、いつも誘ってくれる方が超多忙・走ること自体も直前に決まったということで、たまたま誘われなかっただけらしい…と判明。コメントや連絡をくれた方の意見も『気にしないで…』とか『考えすぎじゃないか』とか多かった。僕が考えすぎだったようです。ご心配おかけした皆様申し訳ありませんでした。

せっかく仲間に入れてもらった貴重なローカル自転車コミュニティです。集まる人も多種多様で、僕なんか車が無い上に休みがランダムで一番ややこしいですから、そんな極端な環境のメンバーの意見を全て汲み取っていては、最悪の場合コミュニティがうまく機能しなくなりかねません。そんなこと誰も望んでないだろうし、僕自身も望んでません。今回はたまたまタイミングが悪かっただけで、次にまた行けるときに楽しんでくればそれで良いじゃん…ということです(^-^)

-------------------------------------------------------------------------

前置きが長くなりました(^-^;
まだ戦意喪失だった昨夜も約2時間半、しっかり走ってきました。なんだかんだでも自転車乗るのは好きなわけです(笑) これ以上お金を掛けない王滝対策ということで、久しぶりにランチェロを前後に履かせて心拍150(僕の場合は最大心拍の80%)を目安に走ってみました。

ランチェロは安かったという理由だけで前に買っていたんですが、当時山で使った時は重さばかり目立ってあまり良さを感じずにほとんど使ってませんでした。ブロックパターンからすると、舗装路を自走してトレイルまで行くという用途の場合は最適っぽいんですけどね。





もうやめたら? byもうやめたら?
はじめまして。
何度か読ませてもらってます。
突然ですが、あなたが誘われないのも解る気がします。
このブログ見てコメントする人が少ないように、なんだかひとりよがり的なところが多く感じれてウザイですから。
誰も他人のオ○ニーにおつき合いはしませんよ。

byむさし
上のようなやつもいますが気にしなくても。

by通りすがり
個人のブログってことは概ね主観的な内容になって普通じゃね?
あんたは客観的な文章でさぞご立派なブログを書いているのかい?
やりすぎ感は否めないけど、俺も似たようなことあって気持ち分かるし。

byracchi
お騒がせしましたが、記事の冒頭でこの件は終わりとしています。

以上。

戦意喪失 

昨日はお誘いもなかったので完全休養日に当てたわけですが、王滝参戦組は林道を走りに行っていたらしい。 
過去の出席率が悪いこともあってか事前の連絡が何も無かった(´ヘ`;)

本番では自分との戦いになるんだろうけど、遠征の行き来は何台かの車にまとまって移動するからチームワークとまでは行かなくても、事前のコミュニケーションが取れてないと会話にも入りにくい。そんな意味でも事前の集合練習にはなるだけ参加したく思っていたのだが、疎外感を感じているのは僕だけだろうか…。

元々積極的にコミュニケーションを取る方では無いし、ちょっと離れたとこまで走りに行くとなると僕の場合は必然的に誰かに載せていってもらわないといけない。性格的にこの段階で『非常に申し訳ない感』たっぷりになるので、予定が空いている週末だからと言って自分から「走りに行こうよ!」とは言い出せないのです。なにせ車を持ってませんから(^-^; 誘われた段階で参加できるようになって初めて『載っけて行ってもらうようになりますが、それで良かったらぜひ!』となるわけです。同じ立場の人じゃないと分からないかもなぁ…この気持ち

もしかしたら僕自身が絡みづらいキャラなのかもしれないし、何か嫌われるようなことをしたのかもしれない。
指摘や注意をされてないということはそれ以下のことをやってしまったのかもしれない…。
それならそれで仕方ないのかもしれないが、そんなこんなで激しく自己嫌悪と戦意喪失に陥っております。
王滝なんてもうどうでもイイや…みたいな。


※自転車自体を止めるつもりは毛頭無いですけど(笑)





byむさし
自分なんか普通と休みが違うので誘われないことはしょっちゅうですよ。
仲間に「また誘ってね」って言っておけば大丈夫さ。
あまり悩むと駄目よ。負のスパイラルに落ち込むからね。

> むさしさんへ byracchi
神経質で気も弱いときた最悪な性格ですので、負のスパイラル一歩手前でした(^-^;
でもしっかり夜練してきましたよ(笑)

平日休みが多いなら、むさしさんとも走ってみたいですねぇ。
今日はしっかり走れましたか?

byむさし
自分の休みは、他から見ればランダムなので解り難いですからね。
自走で行ける山に行きたいですね。
先日、ダダハウスさんにイベントに参加しましたが、自分にはスキルが高すぎました。
7割押しましたからね。押しても体力的にはOKですが。

昨日は宇佐近くまで行くと右ひざに違和感があり引き返しました。
関節が弱いので、無理をしないことにしています。
今日はもう少し走ってみます。
貧脚を脱出しなくては!と思いますが年齢的に無理ですね。
その前に銀行に行かなくては。

> むさしさんへ byracchi
僕も休みはランダムなんですよね。
弱小な自営なので休みにしといても急に仕事になったり、誘う側も気軽に声を掛けにくいかもしれえません(^-^;

ダダハウスさんのイベントってそんなにレベル高いんですか?
ホームページの写真とか見た限りではそんな風には思えなかったです。
どんなコースが好みか分からないけど、1時間も自走すればそれなりに走れるところありますよ(^-^)

僕も左膝に古傷があるので、調子に乗って高トルクで漕ぎ続けると後でエライことになります。お互い大変ですねぇ。

タイヤどうする…? 


さて、王滝間近ですがタイヤを決めかねています。

手持ちのタイヤで使えそうなのは
マキシス イグナイター 1.95×2本
マキシス イグナイター 2.10×2本
マキシス ランチェロ    2.00×2本

思いついた組み合わせは
フロント:イグナイター 2.10、リア:イグナイター 1.95 か フロント:イグナイター 2.10、リア:ランチェロ 2.00
後者の組み合わせが王滝向きな感じですが、ランチェロのみが旧バージョンなのでサイドウォールにオレンジラインが入ってます。実際に装着するとフロントは真っ黒なのにリアだけオレンジラインが浮いちゃいそうです(^-^;

それくらいのこと…と言えばそれくらいの些細な事ですが、見た目が激しくアンバランスなんじゃないかと思うわけです。しかしそれだけの理由で散財はマズイので、とりあえずオレンジラインを黒マジックで塗りつぶしてみようと思ってます(笑)





byPG
せっかくのホイールなのですから、パンク時のリスクを考えると、やはりチューブレスタイアを使用したいところではないでしょうか?携行するチューブの本数も最小限にしぼることができるのではないでしようか?

byむさし
悩みどころですね。
たしかにチューブレスはグリップをしますし、予想より軽く走ります。
ただし、チュ-ブドより重いので距離を走ると脚に来るかも?
それ以外にも、MTBはタイヤの選択肢が多いですから困ります。
せっかく出るイベントですから、出費はかかりますがタイヤを買っちゃいましょう。

バーエンドのアイデア、パクらせてもらいます。
なかなか良さそうですね。

今日は午後から久しぶりに走れるかな?ロードも乗らなくては。

> PGさんへ byracchi
チューブレスは機会があればぜひ!…なんですが、チューブレスにしてノーチューブ入れてしまうとパンクは防げますが、ちょこちょこタイヤを変えてしまう自分の場合はノーチューブのデメリットの方が大きいので、なかなか踏み切れません。

やるとしたらノーチューブは入れないで…になると思います。
それに山でパンクしたこと無いんですよね(^-^;

> むさしさんへ byracchi
実際は重たくても漕ぎの軽さでお釣りが出るくらい効果はあるようですが、チューブレスは自分の中では関心が薄いようです(^-^;

好きなタイヤに限ってチューブドしか売ってないとかさ…。

byPG
racchiさん、ノーチューブぜんぜん煩わしくないですよ。
はめる時はビードワックス代わりになるし、別のタイアに交換時には元のタイアに残ってる
ノーチューブ液を新しいタイアに移して、少し液体の量を補充してやればいいだけなのです。針で刺した、くらいの穴は一瞬で塞がりますよ。

> PGさんへ byracchi
残った液体は使い回しできると言うわけですね。
なら思っていたよりは煩わしくないみたい(^-^;

いろんなところを測ってみよう 

今日は特にお誘いも無かったし、連日なんだかんだと走っていたので完全オフにしました。
オフではあるけど王滝も近いということで、結局自転車イジリをするわけですが、今回はこういうアイテムを導入。


自在分度器と水準器、どちらも100円ショップで購入。
高精度とは行かないですが、こういうものまで100円で買える世の中になったんですね。
これらを使ってブレーキレバーやバーエンドの角度を測ったり、シートの水平を見たりしました。
組み替えの度に、角度はどれくらいだったっけかなぁ?…なんて煩わしさを無くすためです。





byPG
100円ショップにこんなのあるんだ##。
びっくりしました。

byracchi
最近の100円ショップは侮れませんよ(^-^)
冷やかしのつもりで行っても、じっくり見てると1時間は時間潰せます(笑)

ゆとり… 

私ださんが毎日残業でゆとりがないと記事にされてますが、自由人な僕も状況は違えど最近妙にゆとりがない気がします。自由な時間は普通のサラリーマンよりは多いけれど、週末にみんなと走るイベントや直前の誘いは対応しきれず断ることが多く、一人で平日に走りに行けばその反動かのように王滝が近いことも手伝ってトレーニング的な走りに特化しちゃって、なんつーか一人で必死にもがいてる状態っぽい(´ヘ`;)

余暇の過ごし方としての自転車ライフをすっかり忘れていた訳です。
昼間の仕事の移動でそこそこ走っているのでお腹一杯な感もありますが、余暇は別モノと言うことでのんびり写真を撮るためにポタってきました。あくまでメインは写真を撮ることで、自転車はただの移動手段と割り切ります。種崎の県営渡船乗り場を目的地にしてのんびりポタポタです。


三里の造船所にて
船首部分はいくつもの鉄板を繋ぎ合わせて作られるのは知ってましたが、こうやってツギハギ丸見えの状態を見るとなんだかおかしな感じです。錨を付ける部分の出っ張りが目玉にも見えます。ハウルの動く城っぽい気もする(^-^)
ツギハギよりも下に船名が書かれてあるので、新造ではなく補修しているだけなのかなぁ?
手前を歩く作業員と比較するととんでもなく大きい船ですね。





サイクリング by私だ
トレーニングって考えると、「走らなアカン」てなってしまいますが、同じ距離を走るにしても、いろいろ景色を眺めたり、知らん道に入っていったりして走っていると、「気がついたら結構な距離を走っていた。」とかいう感じになりますよ。
できるだけ楽しんで、トレーニング頑張ってください。

>サイクリング byracchi
考えて走ってるつもりはないんですがのんびり走ろうと決めてスタートしても、体の調子が良い場合はついつい『トレーニングしなきゃ勿体ない』と思って心拍数やケイデンス優先になってしまうんです(^-^; 悲しい性です(笑)

中寄りバーエンドの試用結果 

基本的に下りに振ったハンドル周りに、登り対策としてバーエンドをイレギュラーな位置に取り付けた愛輪ですが、今日は仕事の移動で片道20キロの行程を走行。適度にアップダウンを含むコースを走ったので、最適な握り位置を探ってみたり角度の微調整をしたり試してみました。


※写真は昨日の使い回しです

元々が高速巡航性と登りの前荷重のみを優先させたクロカンスタイルだったので、今の仕様で普通にグリップを握って走るとどうしてもペダリングの効率は悪く、もっさり走る…みたいな感じです。(^-^; ところがバーエンドを握ると一転、上体が前傾になりハンドルを引きつけやすくなることで楽に巡航速度もアップします。バーエンドに手を添えたままブレーキもコントロール出来るので、基本的にここをメインの握り位置にしてもイケます。前傾に疲れたら普通にグリップを握れば良いわけですし、王滝だけじゃなく常用としても全く問題無いです。少なくとも僕の場合はですけど…。

仕事で向かったお客さん宅で、近くで未舗装の道がある小高い山とか丘が無いかと尋ねてみると、少し東に走ると田畑に囲まれた小さい丘があると言うので帰路はそこを走って一応ダートでの試用もしてみましたが、登りも下りも問題無しです。路面が荒れているとバーエンドの間隔をある程度広めにしておかないとコントロールしづらいとコダカサ店長にアドバイスされてましたが、全く持ってその通りでした。シフトレバーのすぐ外側の取付で正解な感じです。

今週は2日連続のオフが無くって、林道キャンプツーリングに行けぬままどんどん王滝本番が近づいてきます(^-^; それでもトレイルを2回走り、下れるポジションの確立とバーエンド取付で登り対策も出来た。それなりに収穫有りなので良しとしよう♪

来週は運良く出向く仕事は入ってないので、天気さえ良ければツーリングに行けます(^-^) 風向きも気になるとこで、ネットの天気情報をいろいろ調べてみようと思います。

   




昼下がりにショップまで… 

今週は飛び飛びで仕事になっていて今日はオフの日。
最近、愛輪のヘッド付近から発生する異音が気になっていたので、ヘッドパーツのグリスアップをすることにしました。いざ工具箱を空けてみるとデュラグリスが空っぽで、補充しとくのをうっかり忘れてました(^-^; 介良のパワーセンターに行けばスポーツデポで売っているんですが、原因がヘッドじゃなかった場合はお手上げになるので素直にコダカサに向かうことにしました。


舟入川沿いをぶらぶらと走り、美術館の脇を抜けて御座方面に抜けます。

日差しがキツイです(^-^;
ぶらぶらペースと言いつつも汗かきの僕は普通のコットンシャツではすぐに不快になるので、トップスはキャプリーンTシャツにボトムスは量販店で売っていた生地薄めのストレッチジーンズ。妙に邪道というか軟派なイメージで避けていたストレッチジーンズですが、履いてみるとかなり快適(^-^; 薄めな生地ということもあり、それなりに風通しも良くて普段近距離を走る程度なら問題無しです。リーバイスの普通のジーンズなら1万円前後しますが、このストレッチジーンズなら5本は買えます(笑)




Edge305のスポークマグネット 

先日のトレイルライドで知らない間にスポークマグネットが無くなっていたので、キャットアイの旧式マグネットを代用することにしました。
新式はスポークの交差する位置に挟み込むような形状なので代用は出来ませんが、旧式は取付位置を選ばないしネジでしっかり締め付けることが出来ます。Edge305ユーザーの方はどこかで在庫を見つけたら即買をおすすめします。






オールマイティーなポジションを探る 

日中の仕事を終えて帰ってまいりました。
夕方から別口の仕事があるのでしばし自宅でプライベートタイムです。夕方までの空き時間で再度山をひとっ走りとはさすがに思いませんが、素人ながらに最近思ったことを書いてみようかと…。

昨日のトレイルライドではハンドル周りのセッティングによる下りの走破性アップを感じることができました。今までは見た目が好きという理由だけでハンドルは低くて遠いクロカンポジションを貫いてきましたが、高く近いポジションでもハンドルの起こし具合や登りのフォームをちょっと変えたりすることで、快適とまでは行かないまでも思った以上に登れて下れるセッティングになることが分かりました。



なんとなくの感覚ですが、40キロ程度までの比較的短距離のツーリングなら今の仕様でタイヤのみ交換(僕の場合はホイールセットを丸々交換)で普段乗りもこなせるように思います。さすがに40キロを超えると巡航性も要求されるので、短いステムではツライと思われます。つまり闇雲に走るのではなく距離は少なくても内容重視のトレーニング走行でも面倒くさいハンドル交換とかしなくても済むことになります。

ただ、王滝本番での仕様はどうするもんか決めかねています。ネットで調べてみると基本的には登り重視のセッティングで参加している方が多いようですね。登りで蓄積した疲労を下りでうまく充電することが出来れば理想的なんですが、あまりにも登りに特化してポジションにしていると下りで神経を使ってしまい、肉体的疲労は回復するかもしれないけど精神的疲労は増してしまうような気もします。

下り走破性重視ということでほどほどの長さのステムにライザーバーを使い、登りでの上体引きつけの補助としてハンドルの真ん中よりにバーエンドを付けている方もいるようですが、これは良案ですね(^-^)林道ツーリングでテストする価値有りですな♪






避暑りながらのトレイル 

一昨日のトレイルはあまりにも登りが辛かったと書きましたが、それもそのはずで自宅からずっと空気圧低め(2.6)で走ってました(^-^; 路面抵抗が増えてしんどいはずです(笑) 今日は山に着くまでは空気圧を高めにしておき、ステムは1センチのスペーサーを上に取り付けてちょっとだけステム位置を下げました。

明らかに舗装路の登りでは漕ぎの軽さを実感。でもキツイ坂になるとハンドルが近いことには変わりなく上体を引きつけられないので、ハンドルをちょっと起こして握り部分を少し前にしてみることに…。ハンドルクランプ部で3ミリほど前に起こしただけですが、引きつけ具合が全然違います(^-^) まったく別の自転車に乗っているような感じで登っていけました。

まったく同じルートでは面白くないので、少しだけ遠回りして名もない山を1つ加えました。約6キロのダブルトラックが続く山なんですが、道路沿いの草木がかなりの背丈で伸びていて、蜘蛛の巣やヘビとご対面です(^-^; 下りは800メートルくらいしか無いんですが、傾斜もほどほどで角の取れた岩がところどころにあってプチジャンプが出来ます。路面のうねりも大小様々で、大きなうねりはしっかりペダルに荷重を掛けてリアサスを押すように通過するとスルッとクリアできます。これもハンドルポジションが下り向けになったからこそ出来るようになりました。ハンドルの起こし具合も良い感じのようです。


下りが終わるとふもとの集落に出ます。ここからはしばらく舗装路の坂をじわじわ登って、前回のアプローチコースに合流します。




久しぶりのフルワーク 

今日は朝から夜までずっと仕事。
お客さんの家でパソコンの設置からADSLの設定までやりました。長丁場になるのは事前に分かっていたので、時間制ではなく一括\○○○という形で報酬を頂きました。最初に安くしておいて、生徒さんとして末永くご利用していただこうという狙いですが吉と出るかなぁ(^-^;

昨日ずっと高い心拍で走り続けたせいか、今日はずっと体が重い感じです。筋肉痛とかはないけど乳酸がしっかり溜まっている模様(笑) お客さん宅への行き帰りでリカバリーライドしときました。少しは体が軽くなった感じです。

しばらく晴天が続くようですが、今週は飛び飛びな感覚で仕事が入っています。あまり先延ばししても日中気温が高くなり林道ツーリングはしんどくなるので、なんとかスケジュール変更の無理を聞いてもらい2日間のオフを確保したいところです。




組み替え前に山へ… 

せっかく下り仕様に組み上げたのに、実走しないまま元に戻すのはもったいない…
そんなようなことを先日書きましたが、本日午後からしっかり走ってきました。

まずは自宅から約1時間、舗装路のアプローチを走ります。距離にして約16kmですが、ラスト2kmの坂がキツイキツイ(^-^; 登り命!って訳ではないけれど比較的登りが楽とされるクロカンポジションで走ることがほとんどだったので、今回のショートステム仕様では上体が前荷重にしづらくえらい難儀しました。最後の最後で立ち漕ぎ投入(笑)もっと登りのトレーニングを積極的にやらなきゃと痛感しました。

コテコテのブロックタイヤよりは抵抗も少なく走りやすいと言われるイグナイターも、やっぱり舗装路はしんどい。気温も高かったので余計に辛く感じました。 夜ポタや夜トレが多いので暑さや日差しに対する抗力はかなり低下している模様。もともと暑がりなので、体が熱を蓄積しだすと途端にパワーダウンします。王滝ヤバイです(^-^;

無事にアプローチを走りきり、ダートに入る前に小休止。ニコチンパワー投入です(笑)





下り仕様 byモリ☆チャング
ケッコー下りって疲れるよね。去年、王滝に出た時は登りよりは下りでちょっとでもラクなポジションにしました。最後の方は下りも疲れてしんどくなるので正解やったと思います。

> 下り仕様 byracchi
下りは確かに効果有りでしたが登りは全然ダメでした(^-^;
林道ツーリングと王滝本番に向けて、登りも下りもそこそこイケるハンドルポジションを探らねばなりません。明日は短いステムのまま位置を下げてテストしてみます。

久しぶりにテンプレ変更 

テンプレ変更に伴い、細かいところのテコ入れをやっています。
時々おかしな表示だったりする場合がありますが、本日中には仕上がるのでご了承下さい。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。