FSRに乗って… HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 戯れ言 > まったり整備









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

まったり整備 



今日は昼過ぎまで仕事をしてから、部屋に愛輪を持ち込んでプチ整備しました。

まずはイスに座ってじっくりとスプロケットを観察。軽く回しながら歯先を見てみると、トップ側数枚が波打ってるように見えます。歯先の形状が均一じゃないのは知ってますがそれにしてもおかしい(^-^;
一応基本通りに調整してみたところ特に異常は見られませんが、実際に走ってみると変速不良を起こすんだろうなぁ…こういう悪い予感はたいてい当たります(^-^;
すでに雨が降っているので実走テストは後日に…。

先日たまたまツールボトルの取付を忘れたまま夜ポタしたことがあったんですが、有るのと無いのとでは体に感じる車体の重さが全然違いました。その日に限って体調イマイチで余計にそう感じたのかもしれませんがね(^-^;

ツールボトルの中には予備チューブ・タイヤレバー・携帯ツール・六角レンチセット・修理パッチ・コネクトピン・ウエス・ウェットティッシュ(コンビニで貰うやつ)を入れてありますが、その総重量は約800グラム。
ダウンチューブの下側という重量配分的にはベストと思われる位置に取り付けていましたが、やっぱり1キロ近い重量物をぶら下げてると、パフォーマンスは低下しちゃうようです。
そうかといって一切これらの装備無しでは万が一の時にマズイので、予備チューブ・タイヤレバー・携帯工具のみに絞り込んでサドルバッグに入れて携行することにしました。

実際の重量面ではそんなに変わらないので慣れるとどうでも良いことになるでしょうが、日々乗ってる場合は意味のない変化も気持ち的にリフレッシュできて宜しいかと(笑)

で、空いたダウンチューブ下側のボトル台座にミニモーフを移設しました。
先日のトレイルで小枝か何かが触れてあわや後輪に巻き込む寸前になったので、やっぱり直接駆動系トラブルに絡まない位置に付ける必要性を感じたからです。次に山に行くときは素直にバックパックに入れときますが、普段乗ってる時も何が起こるか分からないしね(^-^;

僕はハイドレーションバッグを使っていますが、自販機休憩なんかで飲み物を買う場合も考えてボトル台座も1つは常時空きが欲しい派です。しかしミニモーフは付属ブラケットだと台座を1つ専有しちゃうので、真冬になるとケータイマグも携行するので困っちゃいます。

別にそれだけの理由で台座が3つあるEPICが欲しい…と言ってるわけじゃないですよ(^-^;
欲しいっちゃ欲しいけど(笑)

スポンサーサイト





[ 2007/10/09 18:10 ] 戯れ言 | TB(0) | CM(0) | | Edit | にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。