FSRに乗って… HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ポタリングコラム > 転がり抵抗とか重量とか…









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

転がり抵抗とか重量とか… 

最近ふと思う。

・少々重たくても転がり抵抗が低いタイヤ
・乗り味は硬くて少々転がりが重く感じるが重量の軽いタイヤ

ほぼ舗装路という条件で考えた場合どっちがイイの( ・ω・)?


自分の場合、ホイールは現行XTRの完組なので間違いなく軽いはず。
履いてるタイヤはマーベラチューブレスの1.95。
カタログ重量は740gでノーチューブ液も入っているので約800g。
転がり抵抗の低さが定評とは言っても、重量はお世辞にも軽いとは言えません。
いくらホイールが軽くても振り回す外周部がこれだけ重たいんじゃ相殺どころか
無駄な仕様になってるんじゃないか…と思い始めています。

そうかと言って1.50じゃ慣れないせいもあるんだろうけど、乗り味が硬かったのも事実。
でもカタログ重量は585g。ノーチューブ液を入れても1.95とは約200gの重量差です。
転がり抵抗の低さで200g近い重量差を穴埋めできるとは思えないんだよなぁ(^-^;

少しでも早く軽やかに走るには、やっぱり絶対重量が軽い方が勝ち?
もしくは自分のエンジン鍛えろ…かな(笑)

スポンサーサイト





[ 2007/10/09 18:42 ] ポタリングコラム | TB(0) | CM(2) | | Edit | にほんブログ村 自転車ブログへ

走る場所によって… byカーリー
外周部の重量が軽い方がストップ&ゴーの多い場所では有利、逆に軽いと慣性がききにくいので平地での速度維持にペダリングスキルがいるといわれていますね。

Re:走る場所によって… byracchi
なるほど(^-^)
確かに理論的にはそうなっちゃいますね。
漕ぐんじゃなくて回せるペダリングが出来ているなら、軽い方が良いってことかなぁ。


走る場所によって…

外周部の重量が軽い方がストップ&ゴーの多い場所では有利、逆に軽いと慣性がききにくいので平地での速度維持にペダリングスキルがいるといわれていますね。
[ 2007/10/10 08:39 ] [ 編集 ]

Re:走る場所によって…

なるほど(^-^)
確かに理論的にはそうなっちゃいますね。
漕ぐんじゃなくて回せるペダリングが出来ているなら、軽い方が良いってことかなぁ。
[ 2007/10/10 16:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。