FSRに乗って… HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ポタリングコラム > コンプレッション









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コンプレッション 

愛輪が今の仕様になって、 1つだけちょっと疑問がある。
それはフロントフォークのコンプレッション調整機能だ。 TALAS-RLCと言うことで"R"のリバウンド・"L"のロックアウト・ "C"のコンプレッションと3つの機能が搭載されているわけですが、 コンプレッションだけはダイヤルをどの位置にしても変化が分からない(^-^;

調べてみると2005年以前のモデルはそれで正常と言うか普通らしい。 素人には体感不能なレベルで変化はしているらしい(^-^; 2005年以降のモデルはそこら辺が改良されて、 低速入力のコンプレッションがしっかり機能するようだ。 オーバーホールに出せば改良タイプに交換してもらえるようだがあくまで『らしい』 の情報(^-^;

リアサスはプロペダルのレバー位置によってしっかりボビング制御させることも出来るので、 フロントも低速コンプがしっかり働いてくれればなぁと思う。

スポンサーサイト





[ 2006/03/10 15:34 ] ポタリングコラム | TB(0) | CM(2) | | Edit | にほんブログ村 自転車ブログへ

byPG
RLCフォークのコンプレッションアジャストは急激な入力に対してのものなので、普通にフォークを押し込んでみてもなかなか体感できません。まったり走行でのダンピングコントロールはリバウンドアジャストで、結構おいしいところを見つけることができるかもしれません。

byracchi
圧縮側の急激な入力っていうのがピンと来ないんですが、どうやら僕の思っていたのとは違うみたいですねぇ(^-^; ロスを抑えるには素直にロックアウトってことでしょうか?


RLCフォークのコンプレッションアジャストは急激な入力に対してのものなので、普通にフォークを押し込んでみてもなかなか体感できません。まったり走行でのダンピングコントロールはリバウンドアジャストで、結構おいしいところを見つけることができるかもしれません。
[ 2006/03/11 02:29 ] [ 編集 ]

圧縮側の急激な入力っていうのがピンと来ないんですが、どうやら僕の思っていたのとは違うみたいですねぇ(^-^; ロスを抑えるには素直にロックアウトってことでしょうか?
[ 2006/03/11 09:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。