FSRに乗って… HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> トレイル・林道 > 泥んこトレイル詳細?リポート









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

泥んこトレイル詳細?リポート 

睡魔に負けて今夜はそのまま寝る予定でしたが、 眠気と疲れも多少緩和されたので引き続き投稿。

今日は朝7時に自宅を出発。荷物は地図・スペアチューブ・工具・携帯ポンプ・補給食・ ペットボトル500ml×2本(水とWアミノバリュー)と最小限にしました。 小さい方のウェストバッグにギリギリ収まりました。

ウェストバッグの両脇のメッシュポケットにペットボトルを入れて水が入ってる方のボトルにSmarTubeをセット。 右肩から前にホースを出してこまめな水分補給をします。 ホースが暴れないように付属品のクリップで襟元に固定してます。 ちなみに本家キャメルバッグのようにタンクに内圧が掛かってないので飲み口を噛んだだけでは水は出てきません(^-^; 自力で軽く吸う必要有り(笑)

バッグのベルト部分左側にはドイターのポーチを取り付けてデジカメ入れてます。 地図はISUKAのマップケースに入れて付属のベルトで落とさないように固定してからバッグのストラップに横渡ししてあります。

逆光で見えづらくてすみません(^-^;

今日のコースは以前モリチャングさん主催?のトレイルライドで教えてもらったとこ。 適度な高低差があってダブルトラックなのでシングルトラックほど神経張り詰めて走らなくて良いのでお気に入りです。 最近はトレイルと言えばここを重点的に走っています。 自宅から30分ちょいで来れるってのも魅力♪ 教えてもらったルート以外にも脇道や鉄塔巡視路が入り乱れているのでそれらを網羅すると面白いだろうと思い、 GPSのログを繋いでこのエリア一帯の詳細マップを完成させるのが目標なんですが、 木々も生い茂ってきて衛星捕捉がつらい季節になってきました。 今回も度々ロストして肝心な所が歯抜けだったりします(ーー;) 機材は進化しても自然には勝てないってことですねぇ。

今までパソコンに取り込んであるログで、 歯抜けだったり怪しい部分は事前に地図にマーキングしてあるので、 その部分は極力ゆっくり走って確実にログを取得できるように心掛けました。 それでもカシミールで地図と重ねて見てみると記載されている道筋とログが微妙にズレてます(ーー;) 念のため引き返して二重にログを取った部分もやっぱりズレてます。 もしかすると地図自体の精度の問題かも…。

ある程度ログが取れたことを確認してからはGPSのことは気にせずにガンガン登ってグングン下って、 この界隈をあちこち走り回りました。
写真のタイトルは『木洩れ日』って感じでしょうか。

今回はコースがドロドロなのでブロックの間隔が広めなイグナイターで走るつもりでしたが、 出発前の時間と体力がもったいない(単にめんどくさかったという噂も)ので、 ホイール保護の名目で付けておいたランチェロのままで走りました。 転がり抵抗も低くエアボリュームがあるので乗り心地はパイソンに近い印象です。 サイドのブロック間隔が広いので泥ハケ性はパイソンよりも上です。

ちょっと重たいのが玉に瑕ですが、 エアボリュームがある安心感からかいつもより意欲的に下れました。 急にグリップを失うってこともなく、 限界が分かりやすいので初心者におすすめタイヤなのかもしれません。 上手い人はテクニックでそれらをカバー出来るので素直に軽量タイヤが吉かな(笑) ホイールの影響もあるのかもしれませんが、 苔に覆われている路面以外ではガレ場でも赤土ダートでもグイグイ登れます。

今までのホイールは剛性というよりは硬さを感じていたのですが、 クロスマックスエンデューロは適度な剛性というかしなやかさを持っているらしく、 うまく言葉で表現できませんが何か違うし何か良いです(笑) でもこの中古ホイール結構振れがあります。 何度かD系のハードなライディングしていたとは聞いてますが、 明らかに用途が違うぞ(^-^; スポーク調整は専用工具が必要だし、 リアのローターが現状セッティングでは微妙にキャリパーに干渉していて空回ししてもすぐに回転が止まるので、 店長PGさんにお願いしたいと思います。

柔らかい土壌のルートはどこもぬかるんで泥跳ね大サービス状態でしたが、 マッドフラップのおかげでリアサスのインナーチューブはほとんど泥の飛散がありません。

今日は蛇のお出迎えもなく、特大ミミズのオンパレードでした(笑)
朝起きた時にオフロードかオンロードどっちにするか迷い、 ふと今日は蛇が出ないような感じがしたので山に来たわけですが僕の読み(?)は当たりました。 気温が低いと蛇は動きが鈍るって聞いてたので、 朝のうちなら気温はもちろん路面も濡れて地温も低いだろうから蛇もおとなしくしてるだろうなっていうド素人判断ですけどね。

クロスマックスだぜ!と明らかにハイテンションだったので、 回すと言うよりはついつい漕ぎ漕ぎモードで走った結果、 ふくらはぎがパンパンです(^-^; 今日は滑りやすい路面状況ってことでまたもやフラットペダル仕様で走りました。 借りっぱなしもいけないので次は平地でシマノのSPDを試してみなければ…。

運良く(笑)逆光で不鮮明にセルフタイマー撮影が出来た記念ってことで初? 著者近影写真です。

走行距離:38km (ダート区間は18km)
累積標高:1386m
平均速度:14.1km
最高速度:43.8km
走行時間:2時間47分
積算距離:2571km
スポンサーサイト





[ 2006/05/14 23:20 ] トレイル・林道 | TB(0) | CM(0) | | Edit | にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。