FSRに乗って… HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> Foretrex・旧GPS > 後はGPSユニットを待つだけ









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

後はGPSユニットを待つだけ 


外部電源ボックス(バッテリーエクステンダーII)が予想より早く届いたので、 仕事を中断してマウントも作成することにしました。 予定ではアルミ板を買ってきて台座にするつもりでしたが、 ちょうど良いサイズのプラ板があったのでそれを使うことにしました。 プラスチックなのでニッパーで容易にカットが出来、ある意味正解。 CFスロット部分をカットしてスポンジを貼ったら、 穴を開けてクイック式のボトルケージアダプターに固定。 ちょうどステムの延長線上に来るように固定位置をずらします。 PDA本体の固定はタイラップにしました。 原始的ではあるけれど取り外しすることを考えるとこの方法が無難かと(^-^;

さっそく愛輪に取り付けてみましょう。
外部電源ボックスは先述のポーチに入れて余った電源コードも中に押し込みます。 メインユニットもクイッククランプでハンドルに固定します。

あまり目線が下を向かないようにプラ板を長めにつかって上方にPDAをセットします。 一応ズレ落ちてこないように下部にも硬質スポンジのストッパーを装備です。
スポンジの下の微妙に空いた台座のスペースはシールでも貼ってごまかすか、 GarmapCEの使い方でも箇条書きして貼っておくとしますか(笑)

タイラップの固定位置の関係からスライタスが取り出しにくいので、 指に引っかかりやすいようにボンドかパテを挿入部に盛ってやると良いかもしれません。

強めに揺すったり衝撃を与えてみましたが、とりあえずは大丈夫そうです。 平地で乗るには十分でしょう。

車体の中心に来るようにと台座とアダプターをオフセット固定したわけですが、 微妙に右寄りです(^-^; でもこれ以上穴位置を端寄りにするとプラ板に負担が掛かるのでとりあえずは良しとします。 穴を長穴に加工して裏から補強のステーを入れるっていう手もあるなぁ。

僕はサイクルコンピューターを持ってません。 GPSの信号から移動速度などをグラフィカルに表示させるソフトもあるようですが、 旧式のPDAだとCPUへの負担が増えてフリーズの可能性が大きくなるので結局はサイコン代わりにForetrexも同時装着することになります。 GPSを2台も設置するなんてある意味贅沢(笑)

さて、後は要のGPSユニットの到着を待つだけです。
明日が楽しみ楽しみ♪
スポンサーサイト





[ 2006/07/28 17:46 ] Foretrex・旧GPS | TB(0) | CM(0) | | Edit | にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。