FSRに乗って… HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> FSR > '04 FSR-700C化 完了!









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

'04 FSR-700C化 完了! 


[R4]※画像をクリックすると別窓で大きな画像が見れます。

注文しておいたタイヤとチューブが届いたので早速セットアップ。事前にknightさん700C化の支援記事を書いてくださっていたので安心して作業に入れました。
タイヤはスペシャライズドのオールコンディションプロ(700C×25C 実測250g)、 チューブはとりあえず安かったのでタイオガのコンセプトインナーチューブ(700C×18~28C 実測85g)です。 フレーム以外は極力スペシャライズドは避けたかった(玄人っぽくしたいので)んですが、 耐パンク性を備えつつ比較的軽量でなおかつ安いタイヤと言えばこれしか見つけられなかったんですよね(^-^;

タイヤはもちろんですがチューブの細さに驚きました。
ローディーの人達はパンクしたら基本的にチューブは修理ではなく交換するようですが、 あの細さを見てなんとなくその理由が分かりました(笑) 今回スペアのぶんを頼むのを忘れていたので、 近いうちに仕入れておくことにします(^-^;

オールコンディションシリーズは同サイズの他メーカーのタイヤよりちょっと大きめらしいのですが、 組み付けてみると確かにそんな感じです。 knightさんの記事にある25C装着の写真よりもクリアランスが少なめです。 このタイヤなら28Cが限界っぽいです。

純正マッドフラップを付けているのでフレームとタイヤの間が分かりにくいですが、 上側のクリアランスは約2センチってところです。 細いタイヤ履かせるとこのプチフェンダーが激しく浮いた存在になります(^-^; 脱着はタイラップだし、 そのうち外す可能性大です(笑)

組み付けてぱぱっと撮影して室内に逃げ込んだんですが、 正面からの写真とか撮っておけば良かったとちょっと後悔。
で、今回何が一番大変だったかと言うと携帯ポンプで8気圧超まで空気を入れる作業(^-^; もともと腕力は無いので上腕が微妙に張っております(笑) 出先でパンク修理なんてことは絶対ヤなので、 こまめに空気圧管理をするようにします。
さて走りに行くかぁ!って思うには天気が良すぎなので、素直に仕事しまーす(^-^;
スポンサーサイト





[ 2006/08/07 13:04 ] FSR | TB(0) | CM(0) | | Edit | にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。