FSRに乗って… HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> iPAQ-PDA用途関連 > hx2750の日本語入力環境









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

hx2750の日本語入力環境 

今日はずっと自宅で仕事です。
単調な作業の繰り返しなので集中力が切れたらhx2750をイジってます(笑)

hx2750で文字入力する場合、 本体のみの環境ならソフトキーボード(画面上の擬似キーボード画面)を使って入力しますが昔使っていたこともあって僕はComPOBox乙を使っています。 辞書を強化しておけば少ないペン操作で楽に入力が出来ます。 でも外付けの英語版キーボードを使う場合は"乙"だけでは使えないのでPQBoxを使います。
似たような名前ですが元を辿ればどちらもPOBoxというシステムの派生バージョンです。

辞書の構造はほぼ同じなのですが共有はできません…が、 レジストリをイジれば一応使えるらしいのと情報がネットにあったのでさっそく挑戦。 今のところ特に不具合もなく動いています。

プログラミングが出来るパワーユーザーの方々が様々な入力システムを作っていますが、 ほぼすべてがPOBox系の辞書を使えるような仕様になっているようです。 それだけモバイラーに支持されているということでしょう。 ソフトキーボードは見た目や機能面で好きなものを選んでおいて、 辞書は自分好みに強化したものを使い続ける。 使えば使うほど辞書はどんどん賢くなっていくというありがたい仕組みです(^-^)

今夜も夕方から雨かもしれないので、走れなかった場合は辞書強化に励みます。

スポンサーサイト





[ 2006/08/24 16:23 ] iPAQ-PDA用途関連 | TB(0) | CM(0) | | Edit | にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。