FSRに乗って… HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> Bicycle-Goods > これですよこれ…









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これですよこれ… 

今日は午前中に急な仕事が入り今年一番の冷え込み(らしい)の中、愛輪漕いできました。
帰りはちょっとルートを外れて河川敷のダートとか走ってみましたが、シフトレバーの取付位置も落ち着いて、テラロジックのFLOAT-130X(100mm仕様)も以前のTALASよりリアサスとのバランスが取れているというか特性がうまくかみ合っているように思えます。乗り手はヘタレのままですが、ワンランク上の走りになったような気になれます(^-^; 上半身が大胆な動きをしても、上からの入力に反応しないということでロスを減らし進む力に反映されるという働きもあるんでしょうねぇ。僕にはもったいない機能ではあるけれど、一度味わうと後には戻れません(^-^;

昨夜の記事で伝えたかったのがこの写真。
気になるのは僕だけかもしれませんが、このグレード名の並びがなんとも好きになれないんです。ショップでシンナー借りてリザーバータンクのキャップの文字を消してみようと挑戦してみたけどしっかり印字されてるらしく全然効果無しでした(^-^; 今考えればナイフで表面を削ってコンパウンドでキレイに仕上げるという方法もあったんですけどね。

それはそうとフォーク交換やシフトレバーの取付時に気が付いたんですが、愛輪の細かいところにサビやアルミボルトの白化が目立ってきています。ローター取付ボルトやディレーラーハンガーの取付ボルト、クイックハブシャフトのレバー支点とか…。基本的に屋外保管だしバカのひとつ覚えみたいに走ってるし仕方が無いと言えば仕方がないのかもしれませんが(ーー;) こういう細かいパーツは欲を出さなければそんなに高いもんじゃないのでボチボチ変えていこうと思います。

今夜から明日の朝にかけて高知は真冬並みの寒波がやってきて平野部でも積雪の恐れありとテレビの天気予報でやってました。去年の今頃も夜ポタでアイスバーンと化した道で派手に転倒したのを思い出します(^-^;
さて午後からは何をしようかなぁ…。

NewXTR M970系を見てみる
NewXTR M975系を見てみる

スポンサーサイト





[ 2006/12/17 13:17 ] Bicycle-Goods | TB(0) | CM(0) | | Edit | にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。