FSRに乗って… HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> 戯れ言 > 工賃無し(笑)









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

工賃無し(笑) 

今日はオヤジの車のオーディオ交換をしました。
CD/MD/TAPEのトリプルなデッキを使っていたんですが、ヘビースモーカーが使うということもあるのでしょうCDを全く読まなくなり中古で仕入れたCD/MDデッキに交換です。

MP3対応機とかにしてくれれば編集を頼まれた時に楽チンなんですが、小型のプレーヤーは年寄りには画面が見えないし、テープからMDに録り直した古い曲が山盛りなのでMDは外せないらしい。山盛りのMDをCDにまとめろ…なんて頼まれるのは機材があったとしてもめんどくさいし、素直に普通のデッキにしました。


仕入れたデッキはJVCのKW-MC35。
JVCのデッキは低音がちょっと弱いけど、素直な音質で好きです。ドンシャリ系は長いこと聴いてると疲れるのでKENWOODとかは昔から苦手です(^-^;

このデッキをチョイスした理由は

1、基本操作はデッキの右側(運転席から近いので手が届きやすい)で出来ること。

昔に比べるとオヤジは反応が鈍くなっていて、走りながらちょっとデッキを操作…なんて場合に前方に視点を戻すのが遅くて横に乗っているとヒヤッとすることがあります。ちょっとでもその鈍った反応を補うために、操作部分がハンドルからなるだけ近いものにしたわけです。

2、主要操作ボタンが少なめ・大きめ。

細かい設定ボタンまで外装に付いていると、ただでさえ使いこなせないオヤジは操作に迷うのでボタンは少なめで大きめに限る(笑)

3、前面AUX端子配備

こいつがあればCD・MDが壊れても、とりあえず激安MP3プレーヤでも買ってくればリスニング環境が構築できる。作りもそこそこ高級感があってデザインもおとなしめでシニアなオヤジにはよろしいんじゃないでしょうか?


車両ハーネスとデッキの配線はカプラの互換性が無いので中継配線を作る必要があります。
昔取った杵柄でササッと配線をこさえます。配線類も捨てずに持っておいて助かりましたが、エレクトロタップが底付いたので途中でイエローハットに調達に行きました。自転車でカーショップに行くって変な感じです(笑)
ギボシやタップの接続部分が重なると配線の束が太くなって、最悪の場合はデッキの裏にキレイに収まらなくなったりタップ同士が振動で当たって異音を出すので、接続箇所を少しずつオフセットして作成します。

取付後の写真撮るのを忘れてますが、無地に交換作業完了。
デッキ裏の配線のビビリ音も無いし(無いというより鳴らないように作業する)、以前の純正ショボデッキとは音質も雲泥の差です。

デッキの入手経費はオヤジ持ちで工賃0円。土曜日の昼間に中途半端に時間を割かれたのは痛いですが、たまには親孝行も必要ですしね(^-^;

スポンサーサイト





[ 2007/04/14 17:40 ] 戯れ言 | TB(0) | CM(0) | | Edit | にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。