FSRに乗って… HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> Bicycle-Goods > どういう風の吹き回し?









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

どういう風の吹き回し? 

昨夜は仕事の合間にツーリングマップルやカシミールで地図を見たり、ネットでツーリング用のテントなどを物色してたんですが、ひょっこり背後からオヤジがやってきて『キャンプでも行くがかえ?』と一言。自転車への熱い思いは理解に苦しむらしいが、アウトドアに関することは好きなオヤジである。

どこかで野営をするのだから一応アウトドアも絡むな…と思い、親子のコミュニケーションの一環として林道縦走企画についてひととおり話をしてみる。すると『2万までのテントやったら買うてあげるで』と言うのである。どういう風の吹き回しだろう?…掘り下げて真意を聞いてみるとどうやら先日取り付けたカーデッキがえらく気に入ったらしく、何かお返しを…みたいな感じらしい。1時間足らずの作業が2万円に化けたわけだ(笑)

機会があれば自分も使うつもりだとは思うが、ここ数年キャンプはしてないのでほぼ僕のモノになる確率大(^-^)
30過ぎた男が定年間際のオヤジにモノを買って貰うなんてのはイケナイことかもしれないけど、今回に限っては厚意に甘んじた方がオヤジの気も済むようだし僕も非常に助かるので、素直に買って貰うことにした。

物色中に目星を付けていたテントは2つ

コールマン バックパッカー1ポールテント
重量1.5kgと軽量なのは嬉しい仕様。ただ室内の奥行きが80cmとツェルトよりも狭い。別途ポールを準備しておけば小さいながらも前室部分をタープ形状に出来る。ただ収納サイズは47×24cmとバックパッカー向けと言いながら長めです(^-^;

最低限の床面積しか無いので荷物は寝ころんだ自分の足下や周囲に並べることになるらしい。通販平均価格約2万5千円

モンベル クロノスドーム2型
重量2.45kgとちょっと重たくなるけど、室内も広く前室部分もそこそこ広い。形状的に前室部分をタープの用には起こせないけど、リンコウシートをうまく連結すればかなり快適な空間を作れそう。
収納サイズは本体/35cm×直径17cm ・ポール/45cm×直径7cm。最大長さは1ポールテントよりも短いし、2人用として作られているので荷物も容易に置ける。

自転車ツーリングでは平野部は別にして日没以降は動けない同然。となると朝までの長い時間をいかに快適に楽しく過ごせるか…これも大事な要素だと思います。タープやツェルトのみの超簡易泊の場合は別ですが…。

通販平均価格約2万円

オヤジと協議の結果クロノスドーム2型に決定。別売りの専用グランドシートも注文して2万を超える差額は僕が出すことにしました。手元に届くのは数日先でしょうけど、あとはパッキングを煮詰めて天気が良さそうな日にいざ出陣!である(^-^) オヤジのフォローで寝床は確保できたようなもんだが、見方を変えれば快適さを手にすることで荷物は増えたことになる。パッキングが腕の見せ所だなぁ♪

ヘタレな精神を鍛え上げるには最低限の装備でシングルトラックをぐんぐん走るのが良いんでしょうが、こういうゆるーい系はもともと好きなのでハマりそうだ(笑)

スポンサーサイト





[ 2007/04/21 14:50 ] Bicycle-Goods | TB(0) | CM(0) | | Edit | にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。