FSRに乗って… HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> トレイル・林道 > 組み替え前に山へ…









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

組み替え前に山へ… 

せっかく下り仕様に組み上げたのに、実走しないまま元に戻すのはもったいない…
そんなようなことを先日書きましたが、本日午後からしっかり走ってきました。

まずは自宅から約1時間、舗装路のアプローチを走ります。距離にして約16kmですが、ラスト2kmの坂がキツイキツイ(^-^; 登り命!って訳ではないけれど比較的登りが楽とされるクロカンポジションで走ることがほとんどだったので、今回のショートステム仕様では上体が前荷重にしづらくえらい難儀しました。最後の最後で立ち漕ぎ投入(笑)もっと登りのトレーニングを積極的にやらなきゃと痛感しました。

コテコテのブロックタイヤよりは抵抗も少なく走りやすいと言われるイグナイターも、やっぱり舗装路はしんどい。気温も高かったので余計に辛く感じました。 夜ポタや夜トレが多いので暑さや日差しに対する抗力はかなり低下している模様。もともと暑がりなので、体が熱を蓄積しだすと途端にパワーダウンします。王滝ヤバイです(^-^;

無事にアプローチを走りきり、ダートに入る前に小休止。ニコチンパワー投入です(笑)

小休止で充電完了!いざダートへ♪
木漏れ日を受けながらペダルを漕ぎます。

今回のコースは後半にちょっとキツめの下りがあります。そこで下り仕様の本領発揮なわけですが、手前のやや荒れダートでもその効果は出ました。

上体に余裕があるからだと思いますが、狙ったラインをしっかり走れるし、細かい動作が無理なく行えるのでストレスが半減してその分ペースアップと楽しみ増大に繋がります。1台体制で少々めんどくさいけど、やはり用途に応じて組み替えるべきですな(^-^;


下界が良く見えます。高知市と南国市の境辺りかな。
空がくすんでいて水平線は見えませんでした(^-^;

しばらく続いた雨の影響で路面はドロドロ。
ダートに入って徐々に泥の洗礼を受けてます。
帰り着いた時にはさらに粘土質の泥も付いていて洗車大変でした(^-^;


下りの分岐前で気合いを入れるために再度小休止。風景撮らずに自転車ばかりですが親バカなもんで(笑)

何年か前ですが雑誌のインプレでこの型のFSRはクロカンスタイルよりもフリーライド的に組んで乗る方が楽しいとか書いてありました。それが真実だとすれば、どんどん走り込んでいけばこういうスタイルが普通になるのかもしれません。

〔慣れ〕もあるかもしれないけど、このポジションでは登りがあまりにもツライのでもう少しステムを伸ばすか下げる必要有りかなぁ。

さぁ、ここから下りです。
ハンドル位置が近く・高くなので、やっぱり楽に走れます。
ビビリ度も低くなるし凹な段差ではハンドルをプッシュしてクリアしやすい。
クロカンポジションとは操作性が全然違います。今さらながらビックリです(笑)

この調子でどんどん行くぞぉ!…と下って行きますが記憶にない分岐に差し掛かります。
左は方角的に違うし、右はつい最近コンクリで簡易舗装されています(^-^;
勾配がキツイところだけコンクリで固めたんだな…と判断して進んでみましたが、ずっとコンクリなままで道路に合流。
おまけにみんなと走った時と合流地点の景色が違う…(´ヘ`;)予定では某小学校の前に出てこなきゃいけないのにナゼ?こんな時に限ってiPAQナビシステムは持ってきてません。街中の道路はけっこう覚えるのにトレイルでは見た目が同じような分岐が多いので記憶しきれません。困ったもんだ。

時間は夕方4時前。登り返して再トライのガッツも無し(^-^;
トホホな結果に終わりましたが帰路に着きます…。


くよくよしてもしょーがない。
とりあえず下り仕様で泥まみれになれたんだから良しとしようじゃない(笑)

今回はトレイルということでGoogleMapsはありませんが『轍』のGPS解析データとTrainingcenterのグラフを載せます。

『轍』のGPS解析値のみ引用


Trainingcenterより[画像クリックで別窓拡大イメージ有]

消費カロリー:1972kcal
平均心拍:144bpm
最大心拍:181bpm

------------------------------------------------------------

まだまだみんなのようなスピードでは走れないけど下りでの走破性は格段にアップしました。
登りはしんどいけど、クロカンポジションで楽に登るよりもこっちの方がトレーニングには良いかもしれないなぁ。
しばらくバラバラと仕事が入っているので、林道行きもちょっと伸びますがそれまでに仕様も練り直してみます。

帰ってから過去のログと見比べると、コンクリ道へと曲がった分岐よりも手前で右折する道があったらしい。
全然気が付かなかったぞ(^-^;

スポンサーサイト





[ 2007/05/07 20:04 ] トレイル・林道 | TB(0) | CM(2) | | Edit | にほんブログ村 自転車ブログへ

下り仕様 byモリ☆チャング
ケッコー下りって疲れるよね。去年、王滝に出た時は登りよりは下りでちょっとでもラクなポジションにしました。最後の方は下りも疲れてしんどくなるので正解やったと思います。

> 下り仕様 byracchi
下りは確かに効果有りでしたが登りは全然ダメでした(^-^;
林道ツーリングと王滝本番に向けて、登りも下りもそこそこイケるハンドルポジションを探らねばなりません。明日は短いステムのまま位置を下げてテストしてみます。


下り仕様

ケッコー下りって疲れるよね。去年、王滝に出た時は登りよりは下りでちょっとでもラクなポジションにしました。最後の方は下りも疲れてしんどくなるので正解やったと思います。
[ 2007/05/09 00:49 ] [ 編集 ]

> 下り仕様

下りは確かに効果有りでしたが登りは全然ダメでした(^-^;
林道ツーリングと王滝本番に向けて、登りも下りもそこそこイケるハンドルポジションを探らねばなりません。明日は短いステムのまま位置を下げてテストしてみます。
[ 2007/05/09 01:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。