FSRに乗って… HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> FSR > 中寄りバーエンドの試用結果









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

中寄りバーエンドの試用結果 

基本的に下りに振ったハンドル周りに、登り対策としてバーエンドをイレギュラーな位置に取り付けた愛輪ですが、今日は仕事の移動で片道20キロの行程を走行。適度にアップダウンを含むコースを走ったので、最適な握り位置を探ってみたり角度の微調整をしたり試してみました。


※写真は昨日の使い回しです

元々が高速巡航性と登りの前荷重のみを優先させたクロカンスタイルだったので、今の仕様で普通にグリップを握って走るとどうしてもペダリングの効率は悪く、もっさり走る…みたいな感じです。(^-^; ところがバーエンドを握ると一転、上体が前傾になりハンドルを引きつけやすくなることで楽に巡航速度もアップします。バーエンドに手を添えたままブレーキもコントロール出来るので、基本的にここをメインの握り位置にしてもイケます。前傾に疲れたら普通にグリップを握れば良いわけですし、王滝だけじゃなく常用としても全く問題無いです。少なくとも僕の場合はですけど…。

仕事で向かったお客さん宅で、近くで未舗装の道がある小高い山とか丘が無いかと尋ねてみると、少し東に走ると田畑に囲まれた小さい丘があると言うので帰路はそこを走って一応ダートでの試用もしてみましたが、登りも下りも問題無しです。路面が荒れているとバーエンドの間隔をある程度広めにしておかないとコントロールしづらいとコダカサ店長にアドバイスされてましたが、全く持ってその通りでした。シフトレバーのすぐ外側の取付で正解な感じです。

今週は2日連続のオフが無くって、林道キャンプツーリングに行けぬままどんどん王滝本番が近づいてきます(^-^; それでもトレイルを2回走り、下れるポジションの確立とバーエンド取付で登り対策も出来た。それなりに収穫有りなので良しとしよう♪

来週は運良く出向く仕事は入ってないので、天気さえ良ければツーリングに行けます(^-^) 風向きも気になるとこで、ネットの天気情報をいろいろ調べてみようと思います。

   

スポンサーサイト





[ 2007/05/12 14:10 ] FSR | TB(0) | CM(0) | | Edit | にほんブログ村 自転車ブログへ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。