FSRに乗って… HOME > スポンサー広告 > スポンサーサイト> ポタリングコラム > バイブル









スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バイブル 


ブックオフに行ったときに見つけました(^-^)
高知の古き峠を巡るには最良のバイブルではないでしょうか。

以前コダカサに置いてあるのをチラッと読んだことがあったんですが、その時はさほど峠への思いは無かったので軽~く見た程度でした。峠巡りにハマってしまった今あらためて読んでみると、今では使われなくなった旧道や古い峠の歴史背景なんかも書かれていて読み応え有りです。

王滝不参加にしたことで今日明日と2連休ですが、夜から雨になるのでまたもや天気に邪魔されて林道行きは先延ばしです(ーー;) コース沿いの峠もこの本に書かれているので、それでも読んで行ったつもりになるとします(^-^;

スポンサーサイト





[ 2007/06/02 15:49 ] ポタリングコラム | TB(0) | CM(2) | | Edit | にほんブログ村 自転車ブログへ

bywindy
高知にもこの手のバイブルがあったんですね。(^_^)
まあ高知は峠王国ですから当然ですね。

奈良にも峠の本はありますが、とりわけ「三重の峠」という本が名著と言われてます。
何と言ってもサイクリストが書いたという点において唯一ではないでしょうか。
非常に旅情をそそられる本です。

byracchi
「三重の峠」は調べてみると一人のサイクリストが自費出版した本なんですねぇ。

「土佐の峠風土記」は登山家が書いてますが、山頂を目指すことばかり考えていたのに
いつからか途中の峠に魅了されるようになった…とか書いてました。
高知は面積の8割が山だそうで、峠が多いのもうなずけます。


高知にもこの手のバイブルがあったんですね。(^_^)
まあ高知は峠王国ですから当然ですね。

奈良にも峠の本はありますが、とりわけ「三重の峠」という本が名著と言われてます。
何と言ってもサイクリストが書いたという点において唯一ではないでしょうか。
非常に旅情をそそられる本です。
[ 2007/06/04 19:09 ] [ 編集 ]

「三重の峠」は調べてみると一人のサイクリストが自費出版した本なんですねぇ。

「土佐の峠風土記」は登山家が書いてますが、山頂を目指すことばかり考えていたのに
いつからか途中の峠に魅了されるようになった…とか書いてました。
高知は面積の8割が山だそうで、峠が多いのもうなずけます。
[ 2007/06/04 21:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。